木花咲耶姫様の御神示

高度精神成長時代のメッセージ
since 2006.1.23.

カテゴリ: 2012年神示

新年を迎えるはその年の守護を司る神をお迎えする事でもありなん。
なればこそ環境をできうる限り清浄に美しく整えねばならぬ。
しめ縄、門松、国旗掲揚せぬ家も増ゆるれど、さなる習慣は全て神をお迎えする心の表れなれば、できうる限り日本的な正月を迎えるが肝心なり。

お正月を迎えると言うことは、年の初めに神様をお迎えすることであり、本来神聖な行事、神事です。
新年を祝い楽しむことはもちろん良いことですが、根底には神への畏怖があるべきです。
最近は、お正月の風習も忘れられつつありますが、それでは、単なるお休みの過ごし方とさほど変わりませんから、神様をお迎えする事など到底できません。
年末にできる限りの大掃除と、お正月の準備、飾り付けをしておきましょう。
元日にはまず神様にお雑煮やおせち料理を振る舞い、感謝の心を捧げ、さらに浄化に努めていきますと肝を据えて、楽しく且つ厳かにお正月を過ごしてください。
+木花万乃の運命鑑定+

家族のための鑑定本『きづな』
2013/2月末まで

新五色の玉

※『きづな』『新五色の玉』共にリニューアルしていますので、以前の鑑定をお持ち方もお申込頂けます。
以前の『きづな』をお持ちの方は鑑定料から5000円を値引きします。
『五色の玉』鑑定済の方は追加部分のみの鑑定で鑑定料が8000円となります。
2013年運鑑定の進捗について

10月31日にご入金を確認致しましたお申込分までの発送が完了しました。
製本の都合で、9月後半のお申込分も一部含まれています。大変お待たせすることとなり申し訳ありません。

年内納期とさせて頂いております11月7日までにご入金を確認致しましたお申込分も、製本が出来上がり次第、発送させて頂きます。到着まで今しばらくお待ちください。

1月中発送納期分も順次作業を進めております。新年早々発送を開始致します。

今年も終わりに近づかんとせば、家の隅から隅まで清め祓い、必要なき物は心のごみと共に捨て去るがよからん。
使用せぬもの捨てられぬは執着という負の心に支配さるるがゆえならん。古きを捨てらば新しき気もたらされん。
暮れの掃除はできる限りほうきを使いて家の中の邪気を掃き出すがよし。
家を清浄にし、この年無事に過ごせしことに感謝捧げ神社にお礼参りをすらば、心身禊がるる。

そろそろ大掃除をはじめたご家庭も多いのではないでしょうか。
いつも申しておりますが、いらない物、取ってあるけど使わない物、着てない服などは、できる限り部屋に溜め込まず捨ててしまいましょう。

もったいないと思う心はここでは仇となります。
家の中に不要品が溜まってくると、心にもゴミがたくさん溜まります。

家の状態と心身の状態は思った以上にシンクロしていますから、家の中はできるだけ荷物が少なくスッキリしている方が良いのです。物を購入する時に、本当に必要なものかどうか吟味して買っていれば、もったいない事をしてしまう事もありません。

寿命がきた物があれば、処分してまた自然循環に戻してあげることが大切です。

ほうきを使いなさいと、神様が仰っていますが、ほうきはそもそも神事のお祓いの道具です。家中の邪気を掃き出す意識を以てお掃除をしてください。

できれば自然塩を床に撒いてから掃き掃除をして、ゴミを取った後に、ほうきで寿、福などの字を書くとそのエネルギーが家に浸透します。

年末の大掃除は、次の年の神様をお迎えする神事です。
しっかりとこのお努めをしてから、一年の感謝を神様に捧げてください。

宇宙には五元素あり。
人も五元素うまく交じりあいて生み出されしものなり。
言葉も文明も全ての物質、万物に五元素ありてそれぞれ助け助け合い循環するは宇宙の法則ならん。そを悟るれば人と人が争うことなど本来あり得ぬ。
人に与えればめぐりめぐりて己も与えらるる真理も五行循環の法則にてもたらされん。
立て替え立て直しにて、全ての循環は正さるる。なれば、この助け合い補い合いの流れにうまく乗るがこれより先の正しき生き方ならん。

万物は木火土金水のエネルギーを持っています。
これを陰陽五行と呼び、宇宙の法則そのものですから様々な占術の大元でもあります。
人もこの五気によって構成されていますが、人によってそのバランスは様々です。
ある人は木の気が欠けています。ある人は火の気が欠けています。誰にでも欠けがあるのです。なぜ、わざわざ欠けがあるように神様は人間をお創りになられたのでしょうか。
それは、木の気の欠けは、水の気を持つものが補い、火の気の欠けは、木の気を持つものが補い、そして全ての存在が助け合い補い合ってこそ、世界も宇宙も正しく流れていくことが宇宙の真理だからでしょう。
しかし、今の世の中はどうでしょう。人同士の五行循環。うまく流れているでしょうか。
よくよく考え直さなければならない時が来ています。
2013年運鑑定・進捗について

現在の状況ですが、11月7日ご入金を確認いたしましたお申し込み分までを年内発送完了納期として全て印刷工程に入っています。
印刷製本が出来上がり次第発送いたします。発送が完了しましたらまたお知らせします。

2013年1月中発送予定分も随時作業に入っています。

到着まで何卒お待ちくださいませ。

よろしくお願いいたします。
五色の玉をリニューアルします。

新五色の玉
新規鑑定料 20000円(税・製本料・送料込)

以前の五色の玉をお持ちの方もお申し込み頂けます。
今回追加した部分、改訂した部分を『五色の玉追加鑑定』としてお作りします。
追加鑑定料 8000円(税・製本料・送料込)

↓詳しい内容、お申し込み
新五色の玉

この世の立て替え立て直しは既に本格的になるれどもまだまだ気づきある者少なからん。嘆かわしきなり。
この地球、人間を美しきものに戻さんとするため、浄化の作用起こらば強き痛みも伴わん。人は忘れやすく、異常にも慣れやすきものなれば、神は繰り返し繰り返し幾たびも人に伝えん。
神の教えをいつも心にとどめ、魔に取り憑かれぬよう浄化に努めるべし。

物質文明社会には限界が訪れようとしています。
地球と宇宙循環を守るためには、地球の大掃除は避けられません。
それは、人間にとっては色々な問題の噴出、災害という形で表れます。
ですから立て替え立て直しにおいてできる限り人の犠牲が出ないように、神様は人の気づきを促すように神示や様々な手を使って人に伝え続けておられます。
神様の仰るように立て替え立て直しは着実に進んでいます。
いずれ、これまでの価値観が全く通じなくなる世の中が訪れるはずです。
この流れは人のためにも地球・宇宙万物のためにも必要なものですから、私たちはその流れに抗わず上手に乗らなければなりません。
この波に乗ることができなければ、これからの変革の時代は大変辛いものとなるはずです。
より上手に乗ることができれば、この変革の苦難の中にも希望と喜びを見いだすことができます。
頑なな心では波に乗ることはできません。柔らかく優しく美しい魂であることを目差してください。

神は人が人としての尊厳を持ち、その国々の風土に合う中心の食物を与えられたり。
日本人の食の中心は米なれば、米を食するは日本人の遺伝子が喜ぶことなり。
なれば米を食することにて日本人の日本人たる思いやりの心、和を重んじる心、礼節を守る心育まれん。
現代は日本人への神の恵みなる米も汚染され、米食せぬ者も増えゆかん。そは由々しきことなり。

人が知っている地球、日本の歴史と、実際の歴史はかなり異なっているようです。
温暖化、寒冷化を経て人が生き残るため、食べ物を自分たちの手で育てる技術が養われていきました。そして神代の時代、神意に乗った主食作り、稲作がはじまりました。
米が中心にある食生活は心が安定します。
米は神様から日本人に贈られた最高のプレゼントです。
最近はお米を食べない人、アレルギーの人が増えていますが、日本人が和の心を取り戻すために、この状況は正さなければなりません。
神の意に沿った作り方、米本来のエネルギーを持つご飯ならアレルギーがある方でも食べられるはずです。一部では既にそのような作り方をされている農家もいらっしゃるようです。
農業のあり方が見直され、本来の稲作が再び日本中に広まっていくことが日本再建のためにも必要です。

↑このページのトップヘ