木花咲耶姫様の御神示

高度精神成長時代のメッセージ since 2006.1.23.

カテゴリ: 2006神示

人よ。今の世情しかと見られよ。
今の世情に慣れるべからず。
人はそもそも自身の命絶てぬなり。
人はそもそも人の命も絶てぬなり。
戦争起こし、多勢な人の命奪うは、罪重き事なり。
子殺し、親殺し、親子の間にても争い生じるなれど、昔は親子の間に信頼、尊厳あり。
そを失われつつある世情、親殺し、子を殺すなり。
そもそも人間とは人の命奪うことできぬものなり。
自らの命絶つことできぬものなり。
されど魂曇り、穢れゆき、己をなくす。そして人は皆罪を犯すなり。
他人事ではなき。
神と共に生き、清らかなる魂を保てば、他者の命奪い、己の命奪いし行為は決してできはせぬ。
我にありし邪心、悪心と戦うも人間の修行なり。魂磨きなり。

うみだしの現象進みゆき。
様々な問題浮き彫りになるなり。
されど、次なる年にはさらに善と悪はっきりと映し出され、人の目にさらさるる。
毎日毎日、年末も年明けも事件事故おこりし。
人はそんな日々に嫌気さし、神と共に生きしと考える者増えゆくなり。
自分一人にてなにもできぬと行動起さずにいた者も、自分一人でもと言う考え起こり、浄化さるる者増ゆるなり。
自然と一部の人間、行動起こし、隣人と共にありなんと、町、地域にても交流する動き見られるらん。
喜ばしきかな。
されど、まだまだ魂汚れし者多き。
神は人々が利他愛に目覚め、隣人に気づきあるように動くを望まれし。
一人でも多くの人に伝えるべし。
一人でも多くの人々の浄化を手伝うべし。
そが己を高めるらん。

人よ。惑うなかれ。
人は弱きものなり。ゆえに目に見えぬものの存在にすがらんとするなり。
それゆえ時に自分を見失いて、よからぬものに惑わされあちらこちらと彷徨い歩きし者あり。
間違うなかれ。神理は一つなり。
神は等しく皆々に光を照らされん。
人の迷いし心の隙間に金目当てで、神を隠れ蓑にする者、人の心奪うなり。
神仏敬い、先祖に感謝を捧げ、供養するは当たり前のことなり。
人間の義務なりて、神は神への奉納、帰依を金品の多さではからぬものなり。
人よ間違うなかれ。
神は人を慈しみ、愛でこそすれ、人を恐れさするものではないこと。
神は人間が清く、神と共に生きたしと願うならば、神はその者と共にあり。
魂を浄化するは人間の修行。そを助けはいたすが、自身の手で浄化、修行するものらん。
人よ。この混乱の時。うみだしの時。
我、助かりたいとよからぬ者に惑わされるなかれ。
神理は一つなり。他にはあらぬ。
人皆、自ら浄化され、他者も清めんとすれば、神は手を離さず、導かれるものなり。

人よ。魂の奥に眠りし神を今蘇らせよ。
神から遠く離れし者も奥に眠りし神に気づきて、今立て替え立て直しのこの時に、神と共に歩めよ。
魂の深くに眠りし神と共に生きし日々の記憶呼び戻し、神の元へ集まれよ。
繰り返し申すが、地球の地軸狂うは地球の危機なり。
今、地球の最大の危機なり。
神は最後の最後まで人、皆気づかれることを待たれるものなり。
地球の立て替え立て直し、恐れるなかれ。
地上が浄化され、人間が浄化されるなれば良き事なり。
今の世の中、このまま人間が堕ちゆくなれば、どうにもならぬと嘆く者多き。
されば、立て替え立て直しにより浄化さるれば良きことなりしと考え、力を合わせて神と共に立て替え立て直しの為働けよ。
神は姿も見せぬ。声も聞かせぬ。
されど、自然の恵みを見よ。山も海も川も野も畑も全てが恵みなり。
神の贈り物なり。
どれ一つ欠いても生活ならず。
神の光無くしては何も育たぬなり。
このような不思議、当たり前と思うなかれ。
神の存在を信じぬ者は自然を見よ。空を見よ。雲を見よ。山を見よ。
神の存在無くして成り立ち得ぬものなり。
自然界の生き物が生命を維持するに必要なるもの全て与えられし。
そを考えるべけれ。
さすれば神、自ずと見えゆくらん。

12月、1月と波動段々と悪しきなり。
心病む者ますます増ゆるばかり。
隣人とて信じられぬ世嘆かわしき。
されど、人を信ずる事を忘るるなかれ。
人間はそもそも一人で生きるものではなし。
人と手を取り合い苦しみ分かち合い、喜びに変えるらん。
日本の立て替え立て直し、心ある者手を取り合い、皆々神の手伝い始めよ。
立て直しは進みゆくらん。
全ての事象、二極化し、貧しき者は生活、ますます困窮するばかり。
食べ物なきて困りし人に対し、心ありし者、手を差し伸べるもよからん。
されど、手を差し伸べるなりては、見返り求めず、全て差し出すべし。
金を貸すのはならぬなり。助ける心ありなば返却求めず、施せよ。
安易なその時のみの心で助け行うはかえりて仇となり。
皆々手を取り合い、神の手足となり働けよ。
そして他者に施し、他者を導くがよし。
立て替え立て直しの現象耐え抜くには人と手を取り合うこと必要なり。

↑このページのトップヘ