木花咲耶姫様の御神示

高度精神成長時代のメッセージ since 2006.1.23.

カテゴリ: 2005神示

人よ。神国日本の人々よ。
今目を覚まし手を取り合えよ。
古代、人々は皆々力を合わせ、何事も神に導かれ生きしもの。
皆、人間一人で生きられぬと悟り、生かされしものと悟りゆくものばかり。
さすれば、自然に感謝の心おきるなり。
人皆生かされしものなり。
生かさるるものは、どのような危機ありても悪い状況にありても、どこにいても神は奇跡を起し拾い上げられん。
皆、様々な奇跡目に映りし事幾度かあるらん。
生かされしもの、たとえ自ら命を絶とうと試みても無駄なあがきなり。
されど、神、生かさんとしても魂汚れ、己失いて、拾い上げられぬもの今多き。
神に魂を清め、お返しできぬもの多き。
さにて、あの世にてさらに、辛き修行待つなり。
人は生かされるもの。
ならば、神の与えし流れに素直に生きるべし。逆らうなかれ。

日一日と迫り来る危機。そなたたちのすべきは祈り、そして懺悔。そを人に伝えよ。
日本は今まで何とか難を逃れたる。逃れたる事も知らず、まだ気づかず。
人皆改心せよ。今改心せねば、遅し。
神と共に歩めよ。神があってこその地球なり。神あってこその日本なり。
日本の心はかつては貴い清らかなるものであった。その心は日本の旗に示されている通り。日の丸はいまや日本にはなし。
取り戻せよ。神はあの手この手で皆に伝えらるる。
雪が降りたるは寒さを与うるためなり。寒さは邪気を追い祓う。身が凍りつくと共に邪気も凍りつく。
冬は浄化の時期。季節なり。
他のことは何も考えるな。ただ、成り行きに任せ前に進めよ。

この雪こそ来年を暗示するものぞ。
足を阻まれ飛ぶ事もできず、重いものを背負う。
日本の皆に気づきあれと願いし雪なり。
徐々にそなたの周りにいる者。そなたの言う事間違いなしと認めゆくものなり。今まで半信半疑の者も信じゆくなり。

来年の国内外はやはり地震が多発。
ある国の大きな地震により連鎖反応のように地震がおきゆくぞ。
海は変な魚や、異様に大きくなった魚などグロテスクなものが増え、その為に今まで獲れていた魚が獲れなくなる恐れあり。
隣人同士、人間関係のトラブルによる殺人もふえゆく。
互いにいたわりが足りぬゆえ、また、自己のみのことしか考えぬ人間が育ちゆき人との触れ合い、常識などを教える人間が少なくなったからゆえである。
2004年くらいから、日本の文化に徐々に人々は目を向け始め、夏は浴衣、太古、三味線など日本文化も脚光を浴び始めている。人々の中に、なぜ日本はこうなってしまったのかと考え始める人あり、古きよき時代の近隣との触れ合い、遊び、文化を懐かしみ、少し前の時代に戻ってみたい気持ちがつようなりしゆえ太鼓の音などが好まれるようになる。
日本には古くから神社仏閣があることに疑問さえもたなかった若者(中、高校生くらい)が神に祈る姿も増えゆく。
飛行機事故も多発。場合によっては日本に大きな事故の可能性もある。
2004年、2005年に考えられぬトラブルなどでいろいろな危険信号を発せられている。このままにしておけば大変な事になる。全てを点検しやり直す時である。安易にこれぐらいで良いかとやっていると大変な事になりゆく。
徐々に自然の脅威にはかなわぬ・・と、考えを改める人増えてくるが、その考え改まったかどうかは2006年から2007年にかけ神の診断がくだされよう。

あらぶる世界情勢。あらぶる日本の情勢。
まだまだ本格的にはあらずが、刻々と近づきたり。
カンの鋭い者は、波動感じ身体にあらわるる。気だるく、辛く。だが、今からなり。こころせよ。
何度も申すが、非情に聞こえるやもしれぬが自分の身内さえ守りきれるかどうかわからぬ。身内さえ浄化できるかどうかわからぬ。
人間心としては辛い事ながら仕組みにより、致し方なし。
波長合わぬ家族、いずれ離れゆく。ただ一心にこの危機の時を知らせよ。
声にて、文書にて、行動にて。
確かな物のみ残りゆかん。

↑このページのトップヘ