木花咲耶姫様の御神示

高度精神成長時代のメッセージ since 2006.1.23.

カテゴリ: 2019年神示

ea1ff794e73cea19d346c8bc08af8d6e_s


いつもありがとうございます。
ランキングに参加しています。
クリックのご協力をお願い致します。

精神世界 ランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ

人と地球を守るため

命は永遠に続く魂にて神が生を与えられ生命となる。

ゆえに生命は神以外に創るはできぬ。

如何に、化科学が発達するも如何に人間の叡智が優れようと、人の力にては生命を創ることはできぬ。

膨大な情報の組み込まれた遺伝子の解明はできるも、その情報は如何にして作られたるやを知る事はできぬ。

そは神がお創りになるればなり。

生命はいつかその肉体をお返しし、いつか死をむかえばならぬ。

その時はじめてひとは己の過ち、罪に気付かされん。

そして新たなる命の修業を迎えるなれど、この立て分けのとき現世にて神の光も届かぬ程にに穢れ、あまりに罪多き魂は、あの世に行くも許されず。

その命消え去ることとなりにけり。

なれど、立て替え直しは人を罰する事にあらず。

神はその力にて人を滅ぼすことはなさらず。

神の子としてお創りになられた人間を、再び美しき魂にもどされ母体なるこの地球を癒やし、この地上にもどされんがためならん。


遠い遠い昔、この地球に神の子たる人間をお創りになられるために、神様は人間の修業の場としての地球を整えられました。

今の私達には想像できないほどの、凄まじい天変地異を何度も起こされ、この地球の地形を変えたり、人が住めるように自然を整えたのです。

時には氷河期、時には凄まじい火山の噴火をおこされ、地上を清められました。

それは人がこの地上で魂を磨き生きるというお役目を果たすためです。

今起きている立て替え直しは、痛みを伴う膿を出す作業ですが、それも人間と地球を守るためなのです。

とはいえ、それは少しずつ進められるため、私達は少し平和な日々が訪れると阪神大震災、東日本大震災、熊本地震、ほか様々な災害、事故のことを忘れてしまうのです。

ea1ff794e73cea19d346c8bc08af8d6e_s


いつもありがとうございます。
ランキングに参加しています。
クリックのご協力をお願い致します。

精神世界 ランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ

自然からの罰

神がお作りになられた人間と、人間の為に必要な物質、文明も、神の御意図から離れるばかり。

我欲の強さは人に内在する神まで失うこととなりにけり。

神は天から人間をみて、魂を穢す人間を見る程に悲しまれ、このままなれば地球は病むばかり。

いずれ人間も住めぬこととなりて破滅の時を迎えると判断されたる神は、この地球と人間を救うため、苦渋の決断をさるるものなり。

立て替え直しにて膿を出しきらねば、神の子としてお作りになられた人間も、地球も、何の罪もない地球に住む人間を助ける生命たちも、道連れにして破滅へと向かうなり。

今人間は崖っぷちに立たされしと、気づくべけれ。


今、多くの動物が絶滅の危機に瀕しています。
私達の生活には関係ないと思うような動物の絶滅であったとしても、それは人にも多大な影響を及ぼします。

この世はすべてが補い合うことで循環しており、それによって人も生かされているからです。

山に住む動物たちも、私達を守ってくれているのです。

しかしこの頃は山から動物が、餌を求めて、人間の居住区に入り込むことが多くなっています。

今年もさらにそういうことが増えるでしょう。

それは人の手によって住処を追われたり、食べるものがなくなり、やむをえず人里に降りてくるのです。

はじめに、動物たちの居住区を犯したのは人間なのです。

彼らから受けている目に見えぬ恩恵に、私達は気づこうともせず、絶滅に追い込んでしまっています。

自然は神様が、私達を助け守るために創られたものなのですから、汚し、破壊し、生命を絶滅させた私達は自然からの罰を受けるのかもしれません。

神様や、自然の怒り、地球の怒りを鎮めるために私達は今どうすべきか考える時が来たのです。


ea1ff794e73cea19d346c8bc08af8d6e_s


いつもありがとうございます。
ランキングに参加しています。
クリックのご協力をお願い致します。

精神世界 ランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ

神との縁、神の居場所

今、人は神との縁を取り戻すことを真剣に考えねばならぬ。

天皇陛下を人間の代表と定められたる後、神はそれ程神の存在を人に、知らしめることはなさらずなり。

なれど、今のよにては書籍、書画、御神示、様々なる、手段にて、人が神の子なるを気づかせんがため、神の存在ををしらしめんとさるる。
言い換えるならば、今この時ほど、神自ら、その存在を人に、知らしめ、人に語りかけんとされることはかつてなきことなれば、神との縁を取り戻すよき機会とも言えるものなり。
人は心の奥では神を求めるなれど、長い長い時間の中で人間にとって最も大切なる神を見失うものなり。
今から何が起こるやわからぬ時。

何一つ、不自由なき程にこの地球を創られ、小宇宙としての人間の体をおつくりになられたるに、人は、愚かにも人間自らこの地球を滅ぼさんとす。

なれど神は自ら神を求める魂を救わんとされ一人でも、多くの魂の気づきを待たれん。
文明の発達するほどに人の魂は穢れ、自ら因果応報の法則にて裁かれんとす。

最後の時は近し。

人は汚れし魂を自ら清めるべけれ。

それこそが己が助かる唯一の道。

この宇宙には宇宙の法則定めらるれば、過ちあらば必ず裁かれる定めなり。

人を殺し、たとえその罪逃れ、法で裁かれずとも天は見逃さず。

今、人間は生態系を乱し自然を破壊し、あまりにその罪多かりて、そのツケを払わねばならぬ。

少しにてもその現象和らげるため、過ちの懺悔、反省そして己の心に神の居場所を取り戻すべけれ。


ea1ff794e73cea19d346c8bc08af8d6e_s


いつもありがとうございます。
ランキングに参加しています。
クリックのご協力をお願い致します。

精神世界 ランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ

天地人
宇宙全ての万物事象に陰陽ありなん。
天地・男女・上下・左右・明暗・光影 いかなるものも陰陽五気に定められ、宇宙の法則、神のお仕組みに沿いて滞りなくめぐりてまわるものなり。
天は一、地は二、人は三なり。そこには順序ありなん。全ては一から始まり一に帰す。
宇宙の法則に合わざるものすべからず淘汰さるる事。そは自然の摂理なり。
自然の摂理を著しく乱し、地球 他の生命体の危機までもたらし、人間は神の仕組みの循環より遠ざからんとす。
天地を汚しめるは自ら首をしめる事となりにけり。
人は今、宇宙・国家・社会・家庭の天地人、すなわち一、二、三(ひふみ)の循環正し、本来の姿に戻らねばならぬなり。

ea1ff794e73cea19d346c8bc08af8d6e_s


いつもありがとうございます。
ランキングに参加しています。
クリックのご協力をお願い致します。

精神世界 ランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ

神の国の国民である誇りを取り戻す時代のはじまり
日本国は、歴史には伝えられぬなれど、始めに神がお創りになられたる国ならん。
日本の古代の言葉には、その響き一つ一つにも、その形霊の一つ一つにも神の御意図込められたり。
ゆえに、さなる雅にて、宇宙の真理を表したる文字を与えられたる日本人は神に一番近しき民俗なり。
繰り返し申すなれど、遠い遠いその昔には、人神の教え、意に乗りて神を敬い生きる人の姿あり。
神は文明が栄え、便利な世の中となり、それにて人々が、魂を磨いていくを、のぞまれたり。
なれど皮肉にも、文明が栄え便利になる程に、人の我欲は増し暴走することとなりにけり。
人間が人間らしく生きるために、導き、力を尽くされた神への恩は忘れ去り、あろうことか今では、神を怪しい存在とまで貶める者まで現れたり。
神々は、人間の代表として天皇家をおつくりになり、神との交信は天皇陛下にのみ許され天にかえらるるなり。
天皇陛下の公務は厳しく人々が想像できぬお役目なれば、せめて天皇家という特別なる制度をもつ神の国の国民であることの誇りを取り戻すが、今節目を迎えしこの年、大切ならん。

↑このページのトップヘ