木花咲耶姫様の御神示

高度精神成長時代のメッセージ since 2006.1.23.

ea1ff794e73cea19d346c8bc08af8d6e_s


いつもありがとうございます。
ランキングに参加しています。
クリックのご協力をお願い致します。

精神世界 ランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ

3月後半の霊断メッセージ

3月後半(16日~31日)の天杵万乃の霊断メッセージです。

運命数を0~9として鑑定しています。
どうぞご参考になさってください。

下記の方法で運命数を割り出して該当するメッセージをお読みください。

--------------------
●運命数の計算方法
生年月日の年、月、日、それぞれの下一桁を足し、その結果の下一桁を運命数とします。

例:1981年8月13日生まれ
それぞれの下一桁を足すと 1+8+3=12 その下一桁の2が運命数です。

1959年11月11日
9+1+1=11 運命数1

例:1940年10月10日生まれ
0+0+0=0 運命数0

例:1947年1月1日生まれ
7+1+1=9 運命数9

例:1989年9月22日生まれ
9+9+2=20 運命数0

---------
運命数0の人
●第一の神様のメッセージ
何かあなたにとっての終わりがある可能性があります。
体力気力も低下しがちです。運気としては低迷として感じるでしょう。
気が抜けて何もしたくなくなったりもしそうです。
あなたにとっての終わりが誰かにとっての始まりとなったり、あなたの不調に対して、誰かが好調となるような雰囲気です。
今はエネルギーのバランスがそうなっているので仕方ありません。
いずれ好調期がまたやってくるのですから、今は抗わずに休養することを意識した方が健全です。
何かを新しくはじめようと思っても最初で躓く可能性があります。もし、躓いたらすぐに中止するか、一旦やめて見直しをしてから仕切り直すほうがよろしいです。

●第二の神様のメッセージ
何かが終了することによって、緊張の糸がプツンと切れてしまう可能性があります。
そんな時に風邪を引いたり、体を壊しやすいので、体調管理をしっかりとしてください。
親しい人の裏の顔が見えてしまって人間不信に陥るようなこともあるかもしれませんが、誰にでもあなたの知らない一面があることは覚悟をしておきましょう。
お金をたくさん持っていると、人にたかられてしまう恐れがあります。現金は必要最低限だけ財布に入れるようにしてください。
思わせぶりな態度を取る異性には気をつけてください。
----------
運命数1の人
●第一の神様のメッセージ
膠着状態になっている事があるなら終止符を打ち、新しい状況を迎えることになります。
今、問題や悩みが家庭間に生じているかもしれません。
家族の表情がくもりがちかもしれません。
本来エネルギー補充の役割を持つ家庭においてネガティブな空気が漂えば、家族の活気を削いでしまいます。
しかし、いずれその問題にも終止符を打つことになるでしょう。そしてプラスに向かいます。
仕事であれ家庭であれ何かが復活するでしょう。
七転び八起きという感じの運勢です。転んでもまた立ち上がりましょう。
腐れ縁やなれ合いからの決別という意味もあります。

●第二の神様のメッセージ
物事の終わりと同時に始まりも意味しています。
終わるべきものを終わらせましょう。
例え期待はずれの事になったとしても悪いようにはなりません。ひとまず安心です。
そこで悩んでしまったりネガティブな感情に支配されるほど運勢を生かせなくなってしまいます。
心身のリフレッシュという意味もあるので、自分が癒やされる場所、癒やされることをしてリフレッシュしてください。
この時、過去にしがみついて『今を見失っている人』は過去を終わらせ今を生きなければなりません。
今やるべきことに没頭しましょう。
----------
運命数2の人
●第一の神様のメッセージ
あなたの挑戦は実力不足で失敗に終わりそうです。
失敗の原因は自分にあるので誰のせいにすることもできません。
実力も足りずまたそれをやることに準備もきちんとできていないので周囲からの協力も得られません。
あなたが強引すぎる所があったのかもしれません。
今あなたが考えている計画は一旦白紙に戻して新しく始めるべきです。
またやっていたことをやり直すのは大変気の重いことではありますが、それによって以前よりよくなります。

●第二の神様のメッセージ
運気はまだ低調です。
体力も低下していますので、今はできれば大人しくしていた方が無難です。
体力を取り戻してやり直してみましょう。
出費が多すぎて収入が追いつきません。
危険な甘い話には乗らないように充分気をつけましょう。
不注意よるミスもありそうです。
再確認を怠らないことです。
またミスをしたら何度でもやり直すことが開運に繋がります。
----------
運命数3の人
●第一の神様のメッセージ
自分だけが先に得をしたり、昇給したり、他の人より先んじることは良いことに見えますが、結果的には損失が大きくなります。
人より優位な地位や多い利益、人目から見ればえこひいきと思われるような状況になった時、喜んでばかりはいられません。
しばらくは好調であったとしても、ここで得たものは先々の結果と照らし合わせると差し引き0となる可能性があります。
今は欲張って自分が得をしようとしないことです。マイナスでなければよし。くらいの気持ちでいた方が、後々プラスに働きます。

●第二の神様のメッセージ
トラブルや争いは相手の力が弱いので、今はあなたが有利です。
しかし、ここで相手に勝ったとしてもいずれしっぺ返しされることになるでしょう。
争わないに限ります。
当面は快調であったとしても、将来においての波乱の芽が少しずつ育っていることを忘れないでください。
収入が増えたからと良い気になって自分の欲求を満たすために使っていると後から支出がどっと増えて、その割に収入が伸びないというような事になりかねません。
この時得たものがあったら、できる範囲で周囲に還元していくような使い方を意識してください。
---------
運命数4の人
●第一の神様のメッセージ
人と比べて嫉妬や不平不満となりそうです。
人は人、自分は自分です。
自分の持っていない高価な服を人が着ていたり、時計、車など自分の手の届きそうにないものを見ると、持っていないのは自分だけのような気持ちになり、落ち込んでしまったり、自分も人よりもっと良いものをと望んでいるときりがありません。
金運にしても仕事運にしても客観的に見ればそう悪いわけではなく、上ばかりみても下ばかりみてもきりがありません。
欲しいものは手に入れようとすればするほど逃げていく道理なのです。

●第二の神様のメッセージ
不満が募りやすい時です。
人と比べている内はあなたがどんなに幸せなのか気づくことができません。
立ち止まり、小さな幸せを見出してみましょう。
ささやかな楽しみ、幸せがたくさんあるはずです。
金運もあなたが望むほどではないかもしれませんが、楽しみつつ節約することでレジャーを楽しむくらいの余裕はできます。
勉強も仕事も人がどのくらいやっているのかと気になってかえって自分のことが疎かになっていては意味がありません。
人と比べるのではなく、自分は自分の立場を貫くのが一番です。
----------
運命数5の人
●第一の神様のメッセージ
今あなたの勇気と向上心が問われています。
臆病になったり、意気地なしになったり、体調不良になったりするかもしれません。
できうる限り無駄なスケジュールをカットして無理せず長期的戦略を立てて、能動的に取り組みましょう。
場合によっては積極的に退却することが必要かもしれません。
あえて降参して後に引く決断をして全力でその場から逃げる選択もあります。
けれど、勇気を持って物事を進めるのも一つの方法です。

●第二の神様のメッセージ
意志の弱さと気迫の無さで気合が入らず、目の前のしたくない事から逃げ出したくなったりしている内は立ち直る事ができません。
戦う前からエネルギー不足ですぐに疲れを感じるなど、無意識に逃げてしまう傾向があります。
神様はあえて困難な状況を作り、打破できるかどうかを試されているのです。
これを乗り越えたら何ものにも負けないほど強く、器の大きな人間になることができるでしょう。
実力が中々認められず、やる気がそがれがちですが、あきらめず頑張っていれば必ず実りも得られます。
イライラして身内を強い言葉で傷つけたりしないこと。
----------
運命数6の人
●第一の神様のメッセージ
今あなたは意欲が失われつつあります。その心の奥にはもう何もできないという喪失感と、走り続けてきた疲労感があります。
労働意欲も消費欲も低下しているので、出費も少なくなんとかなっているという雰囲気です。
あなたの知恵袋はあなたが思っているより大きいものであると気づきましょう。
このような状態になっても神様はあなたに前に進みなさい。と仰せです。
自分の楽しみも心から楽しめず、何もやる気が起こらない状況で、場合によっては自分の人生、もう良いかとさえ思っていそうです。
今、一旦立ち止まり神様の『進みなさい』というお言葉の意味をよく考えてみてください。

●第二の神様のメッセージ
気力、体力共に低下していますので、前進を勧められても今は無理は禁物です。
今、あなたに必要なのは生きる力、希望です。
何か心の支えになっているものが、もし無くなるような事があったら、生きる希望さえ失ってしまいそうです。
しかし、神様はあなたに期待をかけておられます。
神様は何を望まれているのか、冷静によく考えてみれば、あなたが進むべき道が必ず見えてきます。
やる気の無さが、体力の低下に繋がっていますので、逆に言えばやる気がでれば体力も上昇します。
変化の時です。自分の意識を変えなければ好転しません。
----------
運命数7の人
●第一の神様のメッセージ
結婚、恋愛、友情などの結びつきは強くなります。
特に結婚は困難がある程に愛が深まります。しかし、その困難がなくなると急に熱が冷めてしまう可能性もあります。
人や物を一つにする。あるいは一箇所に集める力がありますので、イベントやコンサートなど同窓会、パーティーなどを開くには良い時です。
トラブルにおいては争うのではなく和解し、歩み寄ることです。
争えば問題が大きくなりますので気をつけましょう。

●第二の神様のメッセージ
仕事、趣味の仲間との結びつきも強く、集中力が高まっているので仕事や勉強がはかどります。
やる気もあり、人や物が集まってくるでしょう。
お金も目的と予算がはっきりすることで金運も高まります。
人との付き合いが苦手であっても、サークルや友人との付き合いはきちんとしておきましょう。
特にイベントなどがある場合、心が一つになって良いものが作れますし、それがあなたのためにもなります。
この時目標をきちんと定めて、それに向かって行動をすれば、その目的の達成のために必要なものが集まってくることになります。
----------
運命数8の人
●第一の神様のメッセージ
まだあなたの実力は十分とは言えません。
それでもチャレンジはした方がよく、はじめようかどうしようかと迷っているとこの機会をのがしてしまいます。
きちんと行動に移せば周囲の人の協力も手助けも受けることができます。
日頃から人に尽くしている人は思わぬ人からの助けも受けられるはずです。
期待と不安が入り交じるでしょうが、人ときちんとコミュニケーションを取りながら前に進みましょう。
もし、その過程で自分の希望通りになっていないと感じたとしても、あきらめずに取り組んでいればうまくいくのです。
トラブルがあってもうまく解決できますし、あなたが間違えたとしてもきちんと正してくれる人が必ず周囲にいます。

●第二の神様のメッセージ
好調運の時です。
ここでもし思う通りに進めないとするなら、自分は今まで周囲に誠意をもって接してきたか、人に尽くしてきたかだおるかと考えてみましょう。
人を助けることは、結果自分を助けることに繋がることだと気付かされるでしょう。
良い仲間にも恵まれて仕事も前進できます。
前進するには新しいやるべき事がつきものですが、それを面倒くさがらないように。
最初は大変かもしれませんが、動き出せばそれも楽しくなります。

----------
運命数9の人
●第一の神様のメッセージ
一番良いところに落ち着くと言う意味があります。
基本的には受け身の暗示なのですが、それでは何も前に進みません。
自分なりにできることを考え提案することで、はじめてどうするべきかが見えてくるのです。
これが駄目なら、今度はこちらというように立ち止まらず試すことが大切です。
先の計画はまだ立てられません。というのは不確定要素が多すぎるからです。
今はとにかく今できることをしながら様子をみることです。
臨機応変に対応する柔軟性が求められます。

●第二の神様のメッセージ
あれこれ試みると言っても、無理をする必要はないのです。
無理をして強引に物事を進めようとしても、根本から変更となってしまう可能性があります。
ですから、どんな時でも対応できるようフットワークを軽くしておく方が必要です。
運命の転換期ゆえの大きな変更もあるかもしれません。
焦らず恐れず今できることを誠実にこなしていれば良い方向に向かっていくでしょう。
仕事は今までとは違う新しい方法を試してみるのも有効です。
試行錯誤の中から最善の方法を見つけることができます。


3月前半の霊断メッセージ

■現在受付中の天杵万乃の運命鑑定
神様との約束を思い出す鑑定書
天からのいろは
自分自身の運命計画を知り、自分らしく幸せに生きるための鑑定書です。
鑑定料30,000円(税・送料・製本料込)
詳細・お申込みは→こちら
---
魂磨きのための鑑定書
天杵万乃の運命鑑定セット
魂を磨くために
4つの運命鑑定で魂の浄化・開運を促します。
鑑定料10,000円~25,000円(税・送料・製本料込)
詳細・お申込みは→こちら
---
天杵万乃の霊断鑑定
神様からの御神託
人間関係、家族関係、恋愛、結婚、就職、転職、独立、移転、転居、新築などご相談を承ります。
この鑑定はメール鑑定です。
鑑定料15,000円(税込)
詳細・お申込みは→こちら
-
--
36年分のバイオリズム表
運と心の波

鑑定料8,000円(税・送料込)
詳細・お申込みは→こちら

↑このページのトップヘ