木花咲耶姫様の御神示

高度精神成長時代のメッセージ since 2006.1.23.


IMG_20170210_102435

いつもありがとうございます。
ランキングに参加しています。
クリックのご協力をお願い致します。

精神世界 ランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ

本年もありがとうございました
いよいよ今年も間もなく終わります。

本年も応援頂き誠にありがとうございました。

昨日、今は世知辛い世の中だと書きましたが、今年、2018年の鑑定をしていて嬉しかったのは、2018年運に神様からの加護が示されている方がとても多かったことです。

神様に恥じることのない生き方をしなければ、ご加護は受けることができません。

それだけ、神様と通じることができる人が多いとという事だと思います。

ぜひ、魂を磨き誠実に生きて、神様と繋がって、たくさんの福を受け取っていただきたいと思います。

2018年に示された世情の神示を年の最後に改めて掲載しておきます。

今一度お読みいただいて、肝に銘じ、よい2018年をお迎えください。

2018年もよろしくお願いたします。


2018年について・1 政治経済
来る年、日本国は民主主義でありながら、民主主義とは呼べぬ政治となりにけり。
景気は回復したりと言うも、一般企業一般人には回復の兆し感じられず。
日本国には今充分なる富あり。
なれど、一部の我のみよからばよしの一見地位のある立派にも見ゆる人間に利を吸い取られ景気の回復はまさに数字のみ。ゆえに貧富の差はますます広がらんとす。
なれど神はいつまでもさなる者たちを許さず。
いつか神罰与えらるるなり。
さもしき者の手でこの国はまだ景気回復せず。
なれどいかなる状況とて誤魔化してはならぬ。
騙し、誤魔化しは必ずや暴かるるが立て替え直しの現象ならん。
政治家も中に少数の日本を憂い政治家を目指したる者あり。
なれど大抵が、動機不順にて政治家たる器のない者多かるれば、今年と同様、不倫や不祥事暴かるる情けない政治とならん。
なれど政治の世界に起こることは社会を反映したものなり。
国民一人一人が己を正し、魂清めねば、真の政治家は増えぬ。
とどまることを知らぬ政治家の不祥事を見て、国民は自らの成長を図らねばならぬ。
さにて真の政治家を支えるべけれ。

2018年について・2 二極化が目に見える

きたる年は己を目立たせんがため、派手なる行動や演技をする政治家多かりなん。
人はそれにごまかされず、今の現実をしっかりと見つめねばならぬ。
不景気の中にありても、一昔の貧困とは異なりて、現代は人々の欲を刺激する仕組みがあり、飽食の時に行きた人々はがまんもできず、窃盗、詐欺などの罪を犯す者も増えゆかん。
金銭目当てでの誘拐、拉致も多く、そは国内のみならず、海外での被害も多かりなばよくよく気をつけねばならぬ。
身勝手な犯罪多く厳しき時なれど、いかなる時も苦しくとも己はまっすぐ生きねばならぬ。
今の世の過ち、病を再認識し、現代人が失いたるものを取り戻さんと考える者も増えゆかん。
厳しき時世なれど、その中にても真の信仰心を養い、神の導きを受け誠実に生きる者も増え、希望の光もありなん。
立てわけにて、これまで進んできた二極化が目に見える形となる年なれば、己はいかなるやよく見つめ、自らも希望の光であらんと浄化に努めるべけれ。


2018年について・3 土地内部の危険
この年はインフラ、或いは生活に何の疑いもなく使用している燃料の危険を見せつけらるるなり。
この世を便利な世と成す為、水道の整備、下水道、都市ガス、地下鉄と多くの整備がされ大変に便利なる世ならん。なれど今地球は資源を貪られるれば、地球の内部は空洞化されたり。
さらに土地の内部は老化したるインフラ、設備にて危険にさらされん。
この年、土地を掘りすぎた為、ひ弱になりたる土地の、陥没が思いがけない場所にておこらんとす。
さにて水道管の破裂、ガス漏れ、ガス管の破裂、ガス漏れに引火せぱ爆発の恐れもありなん。
この年、人々が気をつけて防げるにとは、充分気をつけるがよし。
何より、人間が整備したものは、老化も故障も欠けもあることをよくよく認識し、さらに人間が使用する燃料、機械には予期せぬ危険潜むを忘れてはならぬ。
この年、土地を掘りすぎた為の事故増えるれば、整備や関連の仕事に従事する者はこれくらいの点検にて大丈夫など安易に考えるべからず。油断大敵なり。

2018年について・4 埋もれていたものが出てくる                         
来る年土の気、特に強き年なるれば、良き事はよりよく、悪しき事はより悪しきに別れゆくなり。
土の気強かりなば、理性より感情に流される者増え、些細な事にて争い起きやすかりて、よくよく気を付けねばならぬ。
土のなかに隠れた良き芽も、悪しき芽も、土の中から顔を出さんとす。
未解決事件の犯人が捕らえられたり、芸術、技術の分野などにて、優れた才能を持つものあらわれたり、企業の隠し事等、土の下から現れん。
来る年、魂を清め正しき道を歩もうとする者、高度文明と飽食の時にどっぷり浸かり、神の存在を否定し、我欲を満たす道を選ぶ者とに、はっきりと別れんとす

2018年について・5 火と土の危険
今年(2017年)は、火の年なるれば、家屋の火事をはじめ大火災、工場、電車の不具合など、火の現象続けておこりゆく。
来る年は土の気の強力なるれば、それに伴い、来る年も火の勢い強きて、さらなる大火災や、山火事、火山の噴火、前述のガス爆発も含め用心が必要ならん。
土の気強力なるを火の気質の応援ありなば、良きにあらわるるれば、やる気に満ち、様々ななる分野にて、新しいものの開発などに、力を注ぐ人も増えんとす。
一方、感情的になりすぎ、普通の人が争いの末、気がつけば加害者となる危険性を含んだ年になるやもしれぬ事、よくよく認識し、己が激情し人を傷つけぬよう気をつけるべけれ。
特に今案ずるは、大国を挑発し続ける小国の態度に、感情的となりやすきことなり。
来る年、どこまで忍耐できるやなり。
来る年の現象はすでに今年の暗示と、折り重なって現れるれば、雲行き怪しきなり。
軍事衝突は、確実に人の命を奪わん。
いついつまでも、争い絶えぬを神は憂い、嘆かるるなり。

2018年について6 乗り物の問題
この年は原因はいろいろなるれど乗り物の問題多く発生す。
神はこれまで、止まらば多くの人間に影響を与える電車、飛行機などにて、できうる限り人に危険及ばぬ方法にて、全てを機械化したことの弊害を伝えられたり。
2018年は、また異なる形にて、電車、バス、飛行機等乗り物の思わぬ事象起こらんとす。
車の運転中、人を煽る危険な人々更に増えるものなり。
2018年は、感情的になる人多かるれば些細な事に腹をたて、無謀なる運転にて、大事故となる恐れありなん。
車を運転せば人間が変わると言うも、そもそも人間が変わるになく、その短気さは本来もつなれば、己は運転中、如何なるやを考える必要ありなん。
日本人の心にある、お先にどうぞ、お互い様の心あらば大抵の事件や事故は防げるものなり。
人は今、高度文明の便利さ、快適さに、どっぷり浸かりたるなれど、それにて失われしものを古き良き時代の思い出に見出す人も増えゆかん。

2018年について・7 魔が差す
来る年、大型の車同士の事故増える傾向にあり。
その因は、己の運転に自信ありすぎ、己は事故など起こさぬという意識が一般の人々より強かりなば、油断生じやすきゆえなり。
子供の社会ではいじめは減らぬうえに、さらに、いじめの行き過ぎにより大変な事件を引き起こし命を奪うこととなるやもしれぬ。
家庭にても学校にても、人に対する思いやりを教育せねばならぬ。
子供は大人を見て育つなれば、子供社会の闇は、そのまま大人社会の闇に通じるものなり。
来る年、大人も子供も別れ道なり。
普通の人、普通の子が、一時の感情にて魔に取り憑かれ事件事故を起こす恐れありなん。
己は大丈夫という油断にこそ魔が差すものと肝に銘ずるべけれ。

2018年について・8 災害の備え
土の勢いに火、水の現象加わり様々な現象起こりにけり。
大雨も多かりなば土にしみ込みて、地は脆くなりぬれば、がけ崩れ、山崩れ起こりやすきなり。
水の事故も増え、大雨により急に増えたる水に流さるる者、ため池が溢れる、或いは水道管破裂などの思いがけない水難も多かりなん。
台風は段々と勢力を増し川は溢れ、家を流される大きな水害が増え、土石流の危険も高まりて、水と土とがいり混じり凄まじき勢いにて襲いかからん。
これより先は、わが土地には何も起こらぬと呑気に構えるになく、身を守るには如何にすべきやを考え、災害に備えるべけれ。

2018年について・9 土と水の動き
来る年の土と水の勢い凄まじきて、あっと言う間に、家の内部は泥水だらけとなりにけり.
あるいはあっと言う間に家ごと流されん。
自然災害は年ごとにその勢いを増し、人間の想像を遙かに越えんとす。
土の現象にて大きく地は揺さぶられん。
地球内部は繋がるれば火山の噴火から他国の地震を呼び、さらに広がる恐れありなん。
ゆえに、いつ大きな地震おこるやもしれぬこと、家族にてあるいは地域にて、いざなる時いかに行動するやを話しあわねばならぬ。
土と水の氣によりて良きこともありなん。
無農薬栽培の広がりなど、食を正す取り組みが浸透する気配ありなん。
さなる食は人の心を安定させるものなり。
川の本来の美しさを取り戻さんとする動きもみられん。
川は人間の、身体でいわば血流なれば、川の循環正されるはその土地もそこに住む人も元氣、健康となる仕組みなり。
地球は緻密にて何一つ不足のないように創られしことを人は知らねばならぬ。

2018年について・10 自然の驚異、自然との共存
規模の大きな地震、日本に限らずあちこちにて起こりやすき。
今まであまり地震と縁の薄き地方に起きる恐れありなん。
いずれにせよ自然災害は被災した者のみその想像を越える自然の脅威の恐ろしさを知る。
己は災害には遭わぬと思いたる者多かるれど、その考え改めるべけれ。
明日は我が身と心得よ。

山の動物たちの人間の居住区への浸入多かりなん。
そもそも人間が山を荒らしたゆえの事なれば、人が山を本来の姿に戻す努力をせねば解決せぬ。

山の動物達にも神から与えられし山を守る使命あり。
人が気づかぬとも、山の動植物によって人は命を守られん。

神のお仕組みは、全てが神の子たる人間を守り生かすためにあるれど、人は山を切り崩し動物達の棲家を奪い、人里に降りてきた動物をも駆除し、絶滅させんとす。

山から動物が全て消えさる日。考えるだに恐ろしき。
人は自らの首を締めているようなものなり。
これより先の自然からの反撃をできる限り小難にし人間が生きるためには自然を活かし共存する文明を築かねばならぬ。

来る年も電気一つの不具合で大勢の足を停める電車の事故も頻繁なり。
そは、現代の文明の脆さに対する警告なり。

まだ猶予は与えられるなれば、今こそ神の望む魂の浄化に励み生きるべし。さなる人々一人にても増えるを来たる年に望みを託さん。





現在受付中の天杵万乃の運命鑑定
天からのいろは

自分自身の運命計画を知り、自分らしく幸せに生きるための鑑定書です。
鑑定料30,000円(税・送料・製本料込)

詳細・お申込みは→こちら

その他の鑑定、カミノミヤの催しは→こちら

↑このページのトップヘ