人は弱きものなれば、魔物にとりつかれやすし。
傲り、傲慢、過ぎたる物欲、金銭欲にとり憑かれしものなり。
魔は人の心の闇に入り込み人の心を操らんとす。
魔は暗き思いや歪みたる魂を好むなり。
そこに入り込んでは思いのままに動かさん。
人は己の弱さをしらねばならぬ。
弱さを自覚し、意識する事にて魔にとりつかれぬ己となりにけり。
魔にとり憑かるるれば身勝手、我が儘、本能のままに振る舞う、そは弱き人間にとりてはある意味心地よき事なり。
いじめも同じ。己の不満のはけ口を弱きに向けての暴言、暴力はいじめる側にては、心地よし。
そもそも人は油断あれば魔にとりつかるる。
なればこそ、正しく中庸の心にて生きねばならぬなり。


なぜ見た目普通の人があんな事件をおこすのか、普段は立派な人が人を殺したりするのだろう。
何故あんなに残忍になれるのだろう。
そう思うことがよくあります。
しかしそれは他人事ではありません。
誰しも負の心をもつことがあります。誰しも弱いのです。
弱い人間が魔に打ち克つには優しさと明るく穏やかな場所をつくることです。
魔物は邪気の多い人、場所、陰気で暗くじめっとした場所が大好きです。
逆に太陽の光が当たる場所や風通しの良い場を作ることで浄化することもできます。
使用しないものをどんどん放り込んで倉庫のようにしている死に部屋には魔物は喜んで住みついてしまいます。
激しく強い言葉も人を傷つけ、相手が傷ついた分だけ、自分にはね返ってくることを忘れないようにしましょう。
やさしい言葉、愛のある場所には魔は忍びよることができません。
いわば、優しさ、思いやり、明るさは、魔から身を守る結界を張っていることになるのです。


ランキングに参加しています。 
クリックのご協力をお願い致します。
いつもありがとうございます。
精神世界 ランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
木花万乃の鑑定

●木花万乃の霊断相談
new!!

●あなたの運命計画書5595
天からのいろは
鑑定料38,000円(製本・税・送料込)
※五色の玉と木花万乃式姓名判断の同時収録が可能となりました。
それぞれ、鑑定料が大変お得になります。


●神の想いを受け止め加護を得る鑑定書4119
五色の玉-goshikinotama-
鑑定料16,000円(製本・税・送料込)

●メール鑑定・木花万乃式姓名判断
鑑定料5,000円

各鑑定の見本を作成しました。ご覧ください。