木花咲耶姫様の御神示

高度精神成長時代のメッセージ since 2006.1.23.

2017年10月


IMG_20170817_084036


いつもありがとうございます。
ランキングに参加しています。
クリックのご協力をお願い致します。

精神世界 ランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ

自らの立て替え立て直し

この地上に生命与えられしは人のみならず。
全ての動植物は、それぞれに助け合うべく創られたり。
無駄なる命は何一つなし。
さにて人も生かされしものを、人は傲慢となり、他の生命の存続を脅かす。
今、多種の動物、植物、昆虫、魚類が絶滅の危機にあり。
そは人の存続の危機でもあると、思い知らねばならぬ。
何もかもが宇宙の循環の中にあり。
その循環乱し、他の生命を滅亡せしめながら人だけ生き残る事などありはせぬ。
全ての循環正すため、まずは自らの立て替え立て直しを始めることが第一歩となりにけり。


現在受付中の天杵万乃の運命鑑定
天杵万乃の運命鑑定セット
魂を磨くために

●鑑定料
一種のみの鑑定の場合、【基本】10,000円(税込、製本料、送料込)

一種追加毎に+5,000円となります。

お申込みは→こちら

※2016年以前の『五色の玉』『新五色の玉』をお持ちの方向けに五色の玉追加鑑定の受付をしています。
こちら

その他の鑑定、カミノミヤの催しは→
こちら



IMG_20170817_084036


いつもありがとうございます。
ランキングに参加しています。
クリックのご協力をお願い致します。

精神世界 ランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ

立て替え立て直し

今この時、変革の時なり。
地球の波動も、人の魂も最も穢れし今この時代に、スの神は立て替え立て直しの決断をされたり。
そは地球と人を救う為の改革なり。
立て替え立て直しは、人の想像も付かぬ長き時をかけ準備を整えられ、今正に正念場の時を迎えんとす。
病む地球を元に戻し、神の流れより遠く離れたる人を神の傍に呼び戻し、神と人、人と人とが手を取り、助け合い補い合う世界を創らねばならぬ。
今の我欲強き人の価値観を大きく転換せねばならぬゆえ、全ての毒は噴き出すことを覚悟するべし。
事件、事故、災害、国の争い、個人の争い、家族の争い。
毒あらば必ず表面化するなり。
人は人として生を受けたることの意味を悟り、宇宙の法則に反すれば、いかなる事象ありたるか、その目で見届けよ。
毒一つも残らぬほどの大浄化なれば、これより先、己を守るには、自らの負の波長を浄化し、周囲の負の波長に同調せぬ努力をすることなり。
さなる準備を今すぐはじめ、魂磨き美しき波動を世界に広げることが、全ての人間の役割なり。

現在受付中の天杵万乃の運命鑑定
天杵万乃の運命鑑定セット
魂を磨くために

●鑑定料
一種のみの鑑定の場合、【基本】10,000円(税込、製本料、送料込)

一種追加毎に+5,000円となります。

お申込みは→こちら

※2016年以前の『五色の玉』『新五色の玉』をお持ちの方向けに五色の玉追加鑑定の受付をしています。
こちら

その他の鑑定、カミノミヤの催しは→
こちら

ゆるめて開運!能力開発!!
魂を磨く氣の道場・ゆらぎ

『氣』で『前進力』を養う

11月10日(金) 東京・早稲田 
13時~16時30分

指導:カミノミヤ・羽玉氣功師

・参加費
新規・20,000円
再参加・3,000円

詳細・お申込みは→こちら

羽玉氣功師ブログ『氣で前進力を養う


IMG_20170817_084036


いつもありがとうございます。
ランキングに参加しています。
クリックのご協力をお願い致します。

精神世界 ランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ

食と調和

宇宙の全ては陰と陽が均衡し、五つの宇宙の気が滞りなく循環するが正しき姿ならん。
そは人の体も同じこと。
人の体内にも陰陽あり。五気あり。

人の体は食によって作られるれど、現代の食は、そもそもの作物の気が弱く、さらに様々なる添加物によってさらに汚染され、体内の気の循環を乱すなり。
気の循環乱す食を続けらば、感情を制御できず自己中心の考えとなりゆかん。

人を知るには、その者の日頃の食をよく見らば判断できるものなり。

良き食を続ける者は性格も穏やかにて、運気も助けられん。

現代の食事情にて、全てを良きものにて補うは困難なれど、せめて塩、糖、油など調味料はよく吟味するべけれ。

日本人には日本のものを食してこそ心身の陰陽調和もたらされん。

地産地消は理にかなった仕組みなれば、それぞれの風土の食を大切にするがよからん。


現在受付中の天杵万乃の運命鑑定
天杵万乃の運命鑑定セット
魂を磨くために

●鑑定料
一種のみの鑑定の場合、【基本】10,000円(税込、製本料、送料込)

一種追加毎に+5,000円となります。

お申込みは→こちら

※2016年以前の『五色の玉』『新五色の玉』をお持ちの方向けに五色の玉追加鑑定の受付をしています。
こちら

その他の鑑定、カミノミヤの催しは→
こちら



IMG_20170817_084036


いつもありがとうございます。
ランキングに参加しています。
クリックのご協力をお願い致します。

精神世界 ランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ

人が補い合えば平和となる

人類は元一つなり。
それゆえ神は、五色の人種を作られたり。
人間にはそもそも欠けありなん。
陰と陽は、男と女、天と地、太陽と月 それぞれに欠けを補うように役割りあり。
そは天のしくみとして五気と陰陽にて、宇宙は調和しまわりてめぐる。
神がこの世に、五色の人種をつくられたるは、争わせるためにあらず。
足りぬところを補い合い、助け合い生きるためならん。
その国の特性は、気候、風土、食にて気質が形成さるるなり。
それぞれに優れるもあり欠けもあり。
なればこそそれぞれの気質をいかし、欠けを補いあわば、良き世となりにけり。
神のさなる御意図を人間は、少しも悟らず。
あちこちに戦争、争いの芽あり。
今このときに日本とて巻き込まれる危険性は大いにありなん。
神の、御意図無視し続ける人類は、宇宙の法則にて定められたる因果応報の法則にて、これまでの行いのツケを払わねばならぬ。
何も起こらないではないかと悠長に構えてはいまいか。
神は人間とこの地球を愛され、時に小さな現象にて危機知らさるるも、気づきなくば現象は大きくなるばかり。
神はあの手この手で様々な危機を人に知らしめんと、日々警鐘を鳴らし続けられん。これ以上大きな天変地異など起こらずに済むようにと節に願われるなればなり。
なれど人間の魂ががこれ以上穢れるのみならば、地球を守ることができぬ。
立て替え立て直しはこの地球上の汚れの一つもないように洗い清められる宇宙の働きなり。
今この時の神の警鐘に人々が気付くか、気付かぬかにて道は二つに分かれん。


現在受付中の天杵万乃の運命鑑定
天杵万乃の運命鑑定セット
魂を磨くために

●鑑定料
一種のみの鑑定の場合、【基本】10,000円(税込、製本料、送料込)

一種追加毎に+5,000円となります。

お申込みは→こちら

※2016年以前の『五色の玉』『新五色の玉』をお持ちの方向けに五色の玉追加鑑定の受付をしています。
こちら

その他の鑑定、カミノミヤの催しは→
こちら

ゆるめて開運!能力開発!!
魂を磨く氣の道場・ゆらぎ

『氣』で『前進力』を養う

11月10日(金) 東京・早稲田 
13時~16時30分

指導:カミノミヤ・羽玉氣功師

・参加費
新規・20,000円
再参加・3,000円

詳細・お申込みは→こちら

羽玉氣功師ブログ『氣で前進力を養う


IMG_20170817_084036


いつもありがとうございます。
ランキングに参加しています。
クリックのご協力をお願い致します。

精神世界 ランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ

月の運行

かつて日本の民は人と宇宙が共にあるとよく悟りて、自然と調和し、神を敬い、神の意に乗りなん。
大和とは大きな和をもちたる民族なり、大和の国には独特なる伝統あり。
神と共にあることを示す伝統なり。
厳かなる伝統は大和の国の宝なり。
人は太陽にも月にも宇宙のあらゆる星にも様々なる影響受け生きたるものなり。
全ては神の仕組みなり。特に月の満ち欠けは生命の誕生・終焉に大きく影響す。
なれば月の運行を感じ取り生きるが自然に無理なく生きる事となりにけり。
速さを追求する現代人は自然のゆったりとした流れに合わず。
せかせかと余裕なくば人を思いやる心も次第に薄れゆくなり。
自然の流れから離るれば、調和乱れ心身に負担掛かるばかり。
さなれば日本の伝統や神を感じる心遠のきて大和の国の大きな和を失われん。
速さを求める時代は終りへと近づきぬる。
改革のその後はゆったりとしたる月の運行に人の生活も戻りゆくなり。


現在受付中の天杵万乃の運命鑑定
天杵万乃の運命鑑定セット
魂を磨くために

●鑑定料
一種のみの鑑定の場合、【基本】10,000円(税込、製本料、送料込)

一種追加毎に+5,000円となります。

お申込みは→こちら

※2016年以前の『五色の玉』『新五色の玉』をお持ちの方向けに五色の玉追加鑑定の受付をしています。
こちら

その他の鑑定、カミノミヤの催しは→
こちら


↑このページのトップヘ