木花咲耶姫様の御神示

高度精神成長時代のメッセージ since 2006.1.23.

2017年05月

IMG_20170506_114232

都農神社(宮崎
県)

いつもありがとうございます。
ランキングに参加しています。
クリックのご協力をお願い致します。

精神世界 ランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ

人はすべて平等に修行をする

人は誕生するとき、いかなる修行為し生きるかを神と約束せん。
そはその魂に必要な修行なり。
心身に障害抱えるもさなり。
他者から見れば哀れにも見えるなれど、神にとりては皆同じなり。
人の魂は現世のみ生きて消える存在にはあらず。
様々な因縁にて修行は定められん。
そは現世の人間には計り知れぬ因なり。
なれど、人間は全て平等なり。
肉体が五体満足なりとて、人には必ず様々な欠けありて、苦難呼び込まん。魂浄化為すどころか、かえりて穢して人生終える者も多かりし。
障害ありたりとて、それゆえに、常人には持ち得ぬ能力、秀でる才能、何者にも穢されぬ美しき心を与えられることもあり。
なれば、親は嘆き悲しむ必要は無し。
子の持つ潜在能力を引き出すための手助けをできる限り為せばよからん。そも人として向上するための修行なり。
人は全て平等なり。
障害は悲しきことにあらず。健常者が持ち得ぬものが備わりて美しき心もあり。そは宝なり。
そを育てる親も堂々と清らに生きるを望まん。


IMG_20170506_114232

都農神社(宮崎
県)

いつもありがとうございます。
ランキングに参加しています。
クリックのご協力をお願い致します。

精神世界 ランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ

魂の位

魂には位あり。
より高き位の魂を目指し、生涯を通じ高め切るが人の役割なり。

今生において、どれだけ人として成長し魂を磨くことができているか。
それによって魂の位が決まります。

子供は穢れがなく魂位も高いのではないかと思ったりしますが、そうではないようです。

生を受けたばかりで、人生経験も積んでいない幼少期というのはあくまでスタート地点であり、『0』の状態。

そこからの行動によって少しずつ魂位は高められていきます。

長年魂の浄化の必要性をこのブログでお伝えしてきましたが、魂位を高めるべく自分自身の成長と浄化に努めてくださる方がとても増えてきました。

このブログをはじめた当初から考えると、スピリチュアルな分野を扱うブログや情報もたくさん増えました。
この10年で精神性を大切にしようとする人が爆発的に増えたと思います。

立て替え立て直しを果たして、新たな世界を構築する準備は着々と私達の中で進んでいます。

世界は着実に変わってきています。

皆様が魂位を少しでも高めようと努めてこられた結果だと思います。

今は宇宙も地球も大変革を起こそうとしている時期ですから、人も急速に変化を起こすことが可能になってきています。

さらにスピードを上げて魂位を高めるべく努めてまいりましょう。

運命鑑定『運気ゼロを生きる』から運気ゼロ期についての説明部分を抜粋し、公開します。
ぜひ、ご一読ください。

運気ゼロ期とは人生のリセットの時
運気ゼロ期はバイオリズムで言えば底の時期です。
こう言われると、すごく嫌な気分になってしまわれる方も多いと思います。

ですが、底の時期と言うのはこれまでの運勢がリセットされると言う意味でもあります。
やり直せると言う事であったり、生まれ変われるという事でもあります。

誰でも、どうしても物事がうまくいかない事があったり、苦労をして生きているものですが、運気ゼロ期の生活の仕方によって、これまでの不運をリセットして、後の人生を大きく変えることができる可能性があります。

だからこそ、この時期の過ごし方を間違えてほしくないのです。

これまでの人生を上手にリセットし、新たな自分自身に生まれ変わりましょう。

なぜ神様は運気ゼロ期を作られたのか
人には運勢のバイオリズムが与えられており、いわゆる幸運期もあれば停滞期もあります。

宇宙の法則には陰のエネルギーと陽のエネルギーが存在し、バランスを取るようになっています。
両方のエネルギーが無ければ宇宙は正しく運行することができないのです。

だから何事にも陰陽があり、それは人の運勢にも及ぶことになっています。

人の人生にも陰陽が無ければ、エネルギーが循環しないのです。
エネルギーが循環しないということは言わば『無』の状態であり人は生きることもできないと言うのが本質的な意味となります。

停滞期が無ければ人として成長することも、感動することも、人への優しさを学ぶことができない。そして、喜び、楽しみを感じることもできない。逆に怒りも悲しみも感じることが無い。つまりそれは生きていないということになります。

ですから、運気ゼロ期も人にとっては生きていくために必要なものであり、決して悪い時期という意味ではないのです。

運気ゼロ期は大きく陰に傾いている時期ですから、そのエネルギーに合った生活の仕方を意識する必要があります。
休養の時期であり、新しいこと、大きな動きを避けるべき時で、精神修養に向いています。

この時期の生き方が、その時のエネルギーに合っていれば、この時期ならではの幸せを得られますし、その後の陽の時期を生かすことができるということです。

『運気ゼロを生きる』は、陰が極まるこの3年間に適した生き方をお伝えし、本来の運勢を生かしていただくための鑑定です。
ぜひ最大限に活用し、本来得られるたくさんの福運を余すことなく手に入れて下さい。

運気ゼロ期の家族間の影響
一緒に生活をしている家族は、当然のことながら、影響を与えあっています。
運気ゼロ期は特に家族間に影響が出やすく、そのパターンは2つあります。

1つは、運気ゼロ期に入っている人がマイナスに傾きそのネガティブさが家族に伝わってしまうことです。
だからこそ、自分が運気ゼロ期に入っている時は自分自身のあり方に注意が必要ですし、家族が運気ゼロ期に入っている時は、それを理解して接する必要があります。

もう1つは、暗示そのものに家族に関する現象が表れると示されている場合です。
例えば夫と問題が起こりやすい、母親の体調が崩れやすい、子供の問題に振り回されやすいなどの暗示が運気ゼロ期に含まれていることがあります。
これは宿命的にそうなっている時期という事が言えます。
対象となる相手との関係性を大事にしたり、相手の生活や、体調に気を配ることなどがこの時期の課題として与えられています。

これは、逆に言えば、対象となっている相手本人の宿命であるとも言えます。

家族の鑑定を同時にお申込みされた方は、相手の鑑定の結果もよく見て下さい。
もし、自分が対象となる相手になっているなら、やはり接し方や体調、過ごし方に注意が必要だと言えるでしょう。

また、自分自身が第三者となる場合、例えば、夫と親の間に問題が起こりやすい。と言うような時期の自分自身の立ち振舞いもよく考えて、家族を良い方向に導くことができるように努めてみて下さい。

tariki0


・製本版鑑定料 10,000円(税・送料・製本料込)
・メール版鑑定料 7,000円(税込)

同時申し込みのご家族 1名につき5,000円(製本版、メール版共)

大変遅くなっておりました、運気ゼロを生きるですが、順次発送にかかります。

原稿の書き換えや内容の見直しなど行ったため、予定より大幅に遅れてしまいました。
申し訳ありませんでした。

既に製本版の納期が過ぎておりますお客様には、まずはメールで順次鑑定結果をお知らせしたいと思います。
製本が出来上がり次第、送付させていただきます。

誰にでも訪れる、運勢のリセット期を上手に過ごして、たくさんの福運が得られるように、執筆させていただいています。
ご縁ある方にこの鑑定が届き、たくさんの幸せがもたらされますようにお祈り致します。

※お申込み頂きました皆様に、運気ゼロ期の開運霊符をお送りすることにしました。
天杵万乃が御神前にて入魂の儀式をして、お届けします。お受け取り下さいませ。


人には歩むべき道筋が定められん。
平坦にて幸運なる道もあれば、険しい試練の道もあるが人生なり。
試練の道を歩む時ほど、慎重に、進み方を間違えぬが、試練の道を早く抜ける術とならん。
苦しみ、試練の中にも正しき生き方貫かば、そこに喜びありなん。


tariki0


・製本版鑑定料 10,000円(税・送料・製本料込)
・メール版鑑定料 7,000円(税込)

同時申し込みのご家族 1名につき5,000円(製本版、メール版共)

IMG_20170506_114232

都農神社(宮崎
県)

いつもありがとうございます。
ランキングに参加しています。
クリックのご協力をお願い致します。

精神世界 ランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ

信じる心

人の目に見えぬものへの思い様々なり。
全く否定する者、半信半疑の者、憧れ、恐れ、畏敬の念持つ者。
真に神の恵み感じほのかに神を思いて感謝の思いを抱く者。
神が目に見えるならば信ずると言う者あり。
なれど神は目に見えぬもの。
なればこそ人の信ずる心問わるるなり。
神が目に見えぬからこそ、人は見えない力の存在、人に心が存在することを認めらるるものなり。
自ら神から離るるなかれよ。
神を否定する者に神は手を差し伸べられず。
なれどいたずらに信深すぎて考え偏るもまた問題なり。
何事も過ぎたるは及ばざるが如し。
神は人を見守るものなり。なれど間違い多かれば試練与え、気付きを与えんとす。
時には奇蹟を起こすこともありなん。
そも、神の信号、神の奇跡と気づくか、単なる偶然と感ずるかにて道は分かれゆきなん。
神の存在は人には見えぬもの。
見えぬからこそ、心から神を信ずるか否か、はっきりと映し出さるるものなり。

↑このページのトップヘ