木花咲耶姫様の御神示

高度精神成長時代のメッセージ since 2006.1.23.

2017年05月

IMG_20170506_114232

都農神社(宮崎
県)

いつもありがとうございます。
ランキングに参加しています。
クリックのご協力をお願い致します。

精神世界 ランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ

人はすべて平等に修行をする

人は誕生するとき、いかなる修行為し生きるかを神と約束せん。
そはその魂に必要な修行なり。
心身に障害抱えるもさなり。
他者から見れば哀れにも見えるなれど、神にとりては皆同じなり。
人の魂は現世のみ生きて消える存在にはあらず。
様々な因縁にて修行は定められん。
そは現世の人間には計り知れぬ因なり。
なれど、人間は全て平等なり。
肉体が五体満足なりとて、人には必ず様々な欠けありて、苦難呼び込まん。魂浄化為すどころか、かえりて穢して人生終える者も多かりし。
障害ありたりとて、それゆえに、常人には持ち得ぬ能力、秀でる才能、何者にも穢されぬ美しき心を与えられることもあり。
なれば、親は嘆き悲しむ必要は無し。
子の持つ潜在能力を引き出すための手助けをできる限り為せばよからん。そも人として向上するための修行なり。
人は全て平等なり。
障害は悲しきことにあらず。健常者が持ち得ぬものが備わりて美しき心もあり。そは宝なり。
そを育てる親も堂々と清らに生きるを望まん。


IMG_20170506_114232

都農神社(宮崎
県)

いつもありがとうございます。
ランキングに参加しています。
クリックのご協力をお願い致します。

精神世界 ランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ

魂の位

魂には位あり。
より高き位の魂を目指し、生涯を通じ高め切るが人の役割なり。

今生において、どれだけ人として成長し魂を磨くことができているか。
それによって魂の位が決まります。

子供は穢れがなく魂位も高いのではないかと思ったりしますが、そうではないようです。

生を受けたばかりで、人生経験も積んでいない幼少期というのはあくまでスタート地点であり、『0』の状態。

そこからの行動によって少しずつ魂位は高められていきます。

長年魂の浄化の必要性をこのブログでお伝えしてきましたが、魂位を高めるべく自分自身の成長と浄化に努めてくださる方がとても増えてきました。

このブログをはじめた当初から考えると、スピリチュアルな分野を扱うブログや情報もたくさん増えました。
この10年で精神性を大切にしようとする人が爆発的に増えたと思います。

立て替え立て直しを果たして、新たな世界を構築する準備は着々と私達の中で進んでいます。

世界は着実に変わってきています。

皆様が魂位を少しでも高めようと努めてこられた結果だと思います。

今は宇宙も地球も大変革を起こそうとしている時期ですから、人も急速に変化を起こすことが可能になってきています。

さらにスピードを上げて魂位を高めるべく努めてまいりましょう。

大変遅くなっておりました、運気ゼロを生きるですが、順次発送にかかります。

原稿の書き換えや内容の見直しなど行ったため、予定より大幅に遅れてしまいました。
申し訳ありませんでした。

既に製本版の納期が過ぎておりますお客様には、まずはメールで順次鑑定結果をお知らせしたいと思います。
製本が出来上がり次第、送付させていただきます。

誰にでも訪れる、運勢のリセット期を上手に過ごして、たくさんの福運が得られるように、執筆させていただいています。
ご縁ある方にこの鑑定が届き、たくさんの幸せがもたらされますようにお祈り致します。

※お申込み頂きました皆様に、運気ゼロ期の開運霊符をお送りすることにしました。
天杵万乃が御神前にて入魂の儀式をして、お届けします。お受け取り下さいませ。


人には歩むべき道筋が定められん。
平坦にて幸運なる道もあれば、険しい試練の道もあるが人生なり。
試練の道を歩む時ほど、慎重に、進み方を間違えぬが、試練の道を早く抜ける術とならん。
苦しみ、試練の中にも正しき生き方貫かば、そこに喜びありなん。


tariki0


・製本版鑑定料 10,000円(税・送料・製本料込)
・メール版鑑定料 7,000円(税込)

同時申し込みのご家族 1名につき5,000円(製本版、メール版共)

IMG_20170506_114232

都農神社(宮崎
県)

いつもありがとうございます。
ランキングに参加しています。
クリックのご協力をお願い致します。

精神世界 ランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ

信じる心

人の目に見えぬものへの思い様々なり。
全く否定する者、半信半疑の者、憧れ、恐れ、畏敬の念持つ者。
真に神の恵み感じほのかに神を思いて感謝の思いを抱く者。
神が目に見えるならば信ずると言う者あり。
なれど神は目に見えぬもの。
なればこそ人の信ずる心問わるるなり。
神が目に見えぬからこそ、人は見えない力の存在、人に心が存在することを認めらるるものなり。
自ら神から離るるなかれよ。
神を否定する者に神は手を差し伸べられず。
なれどいたずらに信深すぎて考え偏るもまた問題なり。
何事も過ぎたるは及ばざるが如し。
神は人を見守るものなり。なれど間違い多かれば試練与え、気付きを与えんとす。
時には奇蹟を起こすこともありなん。
そも、神の信号、神の奇跡と気づくか、単なる偶然と感ずるかにて道は分かれゆきなん。
神の存在は人には見えぬもの。
見えぬからこそ、心から神を信ずるか否か、はっきりと映し出さるるものなり。

IMG_20170506_114232

都農神社(宮崎
県)

いつもありがとうございます。
ランキングに参加しています。
クリックのご協力をお願い致します。

精神世界 ランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ

思いやりが足りぬ

今の世は言霊乱れ、人は日々悪しき言霊をぶつけ合い、傷つけ合い、世界の波動は乱るるばかりなり。

人への思いやりに欠ける言霊、辛辣なる言霊は人の心に突き刺さり、目に見えぬ血が噴き出さん。そは時に人を追い詰め殺すことすらあるものなり。

なれば、丸き言葉をこそ使いて人をいたわらねばならぬ。
言葉は人を癒やし幸福を与えるも可能なれど、凶器ともなると肝に銘ずるべけれ。

今、人類は万事に思いやりが足りぬ。

真に心の定まりたるものは常に優しき心にて人に接し、慈しみて和を結ぶもの。

全ての者が丸き言霊使うなれば、この世の戦争も、人との争いも、家庭の問題も消えゆかん。
己の考えのみ正しきとばかり傲慢なるは慎むべけれ。

常に己の言動振り返り反省の心ありなば、自ずと己の過ちに気付かされん。

↑このページのトップヘ