木花咲耶姫様の御神示

by天杵万乃(あまきまの) since 2006.1.23.
8664

2012年04月

今、この世の浄化の時、まずは己を浄化するがよからん。
人として誕生するは極希なり。
人とは人智及ばぬ神の御意図にて創られしものなれば、科学者が束になりとて生命とは何ぞやを解明するは難しきなり。
この世に生きらるることこそ奇跡と悟れよ。
寿命を全うするその時まで、日常の生活の中にて、学び続け、生き続けるが人の役割ならん。
人は一人では生きられぬ。
他者の助けを受け、先祖の助けを受け、神仏の助けを受けてこそ命保たるる。
なれど現代人は、他者を疎んじ、先祖・神仏から離れ、確固たる支えを失い孤独なり。
浄化の第一歩は、己の支えとなる存在への感謝を取り戻す事ならん。
神仏信じられぬなれば、太陽にてもよし。月にてもよし。
命育む存在とこの世に生を受けたるその奇跡に感謝捧げよ。

木花万乃の新ブログ
みちしるべ

人の一生、人は幾度も試さるる。
神の存在に気付き、神を認め、感謝持つ者にても迷うことあり。揺れることあり。
今後、人は様々なる場面にて試さるる。
己の中の弱さもろさ、悪が勝ちぬるか、己の中の強さ正しき心勝ちぬるか。
神信じたりとて試練あり。
迷いて苦しみたりとて、神を信ずる者はその先に神の光あり。
なれば如何なる試しありとて耐えるべし。
己を高きと思うなかれ。人を己より低きと見下すなかれ。
人より高しと思う心、傲りなり。
人は何度も試さるる。
立てわけの時なれば、その試しに負け、道を過つなかれ。
己の道筋間違うなかれよ。
我は人より辛き、人より悲しき、苦しき、苦労多く不幸なり。さなる心にて生きらば、いつまで待ちても幸福はなし。
人の不平不満は様々なる悪現象の元なること悟れよ。
神の試しは神の愛なり。
神祈りても良きことなしと申す者あり。さなる心まだまだなり。
神を信じ、ただひたすら日々繰り返し繰り返し、不満を持たず行を続ける者は、やがては神の守りと光に包まれ生かさるる事に必ず気づくものなり。

木花万乃の新ブログ
みちしるべ

人は魔物に取り憑かれやすし。
魔もが恐るるは、愛、優しさ、思いやり、明るさなり。
さなる心持つ者に魔物は近寄れず。
傲慢且つ我欲強きて常に不満持ち、恨みに満ちし者、さなる心の者には容易く魔入りこむ。
魔が入り込めば、さらに己見失いて、負の感情増し人相も変わりゆく。
負の感情の力は強く恐ろしきかな。
負の感情は共鳴しやすく、増幅し人を飲み込むことを皆忘るるなかれ。
さなる状況は物事を悪化せしめるばかりなり。
一致団結は大切なれば、決して己を見失わず良き思い、良き心と共鳴為せよ。
いついかなる時も神を信じ、己を信じ、明るき未来の為に一致団結を図るべし。

お知らせ
4月10日に確認致しました書籍代金に、一件、ご注文者様とお名前が一致しない取引がございました。

ご入金がありました際には必ずメールをお送りしておりますので、メールが届いておらず、お心当たりのある方はどうかご一報くださいますようよろしくお願いいたします。

※3月14日のお取引は解決いたしました。
木花万乃の新ブログ
みちしるべ

お知らせ
4月10日に確認致しました書籍代金に、一件、ご注文者様とお名前が一致しない取引がございました。

ご入金がありました際には必ずメールをお送りしておりますので、メールが届いておらず、お心当たりのある方はどうかご一報くださいますようよろしくお願いいたします。

※3月14日のお取引は解決いたしました。

これまで、6年間このブログで御神示をお伝えし、また、魂を美しく磨き生きるための術をまとめ鑑定書としてお渡ししてきました。
この仕事を通して、私もたくさんの気づきを得ることができました。
本当にありがとうございました。

神示については伝えるべきは全て伝えてある。後は人次第と神様は仰っておられます。
最後の警鐘としてまとめた『神様の警告』も出版し、神示をお伝えするお役割はほぼ終了したと考えています。

個人鑑定については、昨年からお知らせしておりました通り受付を終了させて頂きました。
これまで一人一人の運命を鑑定し、一冊一冊鑑定書をお作りしてきましたが、大変集中力を要する作業で、こなすことができる仕事量も限られており、これから新たなお役割を果たしていこうと考える中で、続けていくことは困難と判断し終了させて頂く事と致しました。

今後ですが、私は長年『数』を研究し、『数』に秘められている宇宙の意志を感じ、そして『数』によって神様とのご縁を頂きましたので、やはり『数』を用いて、人を癒やし浄化のお手伝いをすることがお役割の一つだろうと思っています。これまで得てきた知識と経験によって『数』を役立てていきたいと思い準備を進めています。

また、その『数』によって運命を導き出す鑑定も長年行ってきましたので、この経験を生かした開運術の出版も考えています。
通常占術では、人の運命を少ないもので6通り、多い物で20通り程度に分けます。
それぞれに意義があるのですが、さらに細分化していく方が精度が高くなり指針となりやすくなることは言うまでもありません。
最近はオンデマンドで少量部数の出版や、電子出版も簡単になってきていますので、私は60通りの開運書を作ってご縁ある方にお渡ししたいと考えています。

また、昨年から出版を予告しながら、延期となっている書籍の準備も進めています。
お待たせしてしまった分、充実したものにしたいと思います。

このブログは基本的には更新を終了しますが、また特に必要があり神示が降りた時は掲載することも出てくるかもしれませんし、過去の神示に神様の思い全てが籠められていますので、時に読み返して頂ければと思います。

今後の木花万乃活動や、お伝えしたい事、情報などは、新しいブログを用意して掲載していきます。
以前の鑑定書『道しるべ』の名前がとても気に入っていましたので新ブログ名を『みちしるべ』として、スタートしたいと思います。

これまで『木花咲耶姫様からの神示』をご覧頂き、また、たくさんの鑑定をお申込み頂きまして誠にありがとうございました。

これからも皆様のお役に立つことができるように精一杯努めて参ります。
今後ともよろしくお願い申し上げます。

木花万乃

みちしるべ
お知らせ
3月14日に確認致しました書籍代金に、一件、ご注文者様とお名前が一致しない取引がございました。

金融機関にはご連絡先の開示請求を行いましたが、判明に至らず発送ができておりません。

予約注文の書籍がまだ届いていない方はご一報くださいますようよろしくお願い申し上げます。

↑このページのトップヘ