木花咲耶姫様の御神示

高度精神成長時代のメッセージ since 2006.1.23.

2011年05月

今、魂の浄化が望まるる時。
何より他者の痛みを分かる人間となれよ。
被災の苦しみ、大病の苦しみは体験者にしか真の辛さは分からぬ。
なれど、決して他人事と思うなかれよ。
他者の痛みを己の痛みと感じ、心を配るがよからん。
己に苦しきことありとて、わが身ばかり辛きと思うなかれ。
己ばかり辛きと思う心は魂穢す元となりにけり。
苦しきは己一人にあらず。生かされしことこそ何よりの幸せと悟りて、人に心配りて生きるがよからん。

神は人が自然と共存調和し、文明を栄えさせ、地上に神の国を創ることを望まるるなり。
生きるに必要なるものは全て用意され、自然の営みにて全てが循環し、禊ぎ清められん。
自然の働きは、神そのものなれば、畏敬の念もち、感謝捧げねばならぬ。
人は地球の呼吸に波長を合わせ、循環を乱さぬよう生きねばならぬ。
自然有りてこそ生かさるると肝に銘じ、決して侮るなかれ。
地球に生かされしことを真に悟りて、己の浄化、行動にて地球の汚染を食い止めるべけれ。

7月17日(日)に宮崎市内で、木花万乃主催のチャリティコンサートを開催します。

入場無料ですが、募金箱を設置いたしますので、ご協力いただければと思います。
募金は集まった全額を被災地に寄付致します。

宮崎も昨年の口蹄疫から始まって鳥インフルエンザ、新燃岳の噴火と続き、大変疲弊しています。

東北も宮崎も元気にできるように、良い波動を全国に届けて日本と世界が浄化されるように、心を込めて演奏致します。

是非ご来場下さいませ。

詳しくはこちら
samansamini





この地球には様々なる生命の存在あり。
全ては循環の中にありて、無駄なる生命は一つも無し。
なれどその中にて人は環境破壊し循環を乱す唯一の存在なり。
そのツケは大きく、地球存亡の危機を呼び、人のみになく他の生命体も巻き込まんとす。
今人はいかに生きるべきや。
その答えは不自然なるを全て取り払うことのみ。
文明文化、物質、食、薬、対人関係、親子関係、政治、経済、環境全ての不自然さをあるべき姿に戻さねばならぬ。
なれど、現代に生きる人々は目曇りて不自然さを見抜けず。
なれば、先人の暮らし、知恵に思いを馳せ自らの生活を少しにても見直すが改善への第一歩とならん。
一人一人が少しずつ正すのみにても、確実に世界は変わりゆく。
不自然なものは、循環乱し、地球も宇宙も汚染するものなれば、必ずや滅びることとならん。
なれば、人は自然な存在とならねばならぬ。
周囲を見渡し、生活習慣を一考するべし。
宇宙の理にそぐわぬ物捨て去り、皆穏やかなれば、自ずからこの世は平和となりゆかん。

神とは宇宙の意思なり。
神の意思にて人という神秘なる生命創られん。
なれば、人が信じようと信じまいと人は神の子なり。
人は神、すなわち宇宙と心を合わせねばならぬ。
人の心に神ありて一体なれば、神社も神棚も要らぬ。
なれど、人は魂穢し、神から離れやすきものなれば、時に神社に足を運び、日々神棚に手を合わせ、神を感じ奉るは必要ならん。
日々祈りを捧げ手を合わせることにて、宇宙と調和し自ずと心は落ち着かん。
継続するほどに心身共に浄化され穏やかとなりにけり。
今この世の祓い清めとの時なり。そは地球と人間の存続のためなれど、地球にも人にも辛く厳しき膿だしとならん。
さなる時、美しき魂を保つは容易にあらず。
これより求めらるるは、いかなる時も神ながらの道より外れずして己を浄化し続け、不動心を養うことなり。
日々手を合わせ、神・宇宙と調和するがよからん。

↑このページのトップヘ