木花咲耶姫様の御神示

高度精神成長時代のメッセージ since 2006.1.23.

2009年05月

人の生態系の乱れの因の一つは、男女がそれぞれの役割を見失いたる事にあり。
天は男、地は女なり。
そは上下、優劣にあらず。役割の違いなり。男尊女卑と思い違いをするべからず。

天あってこその地、地あってこその天なり。

現代は男女共に役割見失いて、循環乱しゆくばかりなり。

男が外で働き、女が家を守るかつての日本の姿は、決して古臭き考えにはあらず。
男女それぞれに与えられし能力を生かすには、さなる形が自然なり。
さにて、男女が補い合い、生かし合いてこそ、真の男女平等と気づけよ。

男女の役割果たされず、男が強くある必要無くなれば、遺伝子、染色体の力弱まりて、男性は女性化したるなり。
さなる弱き遺伝子にては、男が産まれず人類存続の危機とならん。

天は天らしく、地は地らしく生きること望まれん。

今すぐに、正しき形に戻ることできずとも、少しにても男と女の役割を意識して見直してみるがよけれ。

立て替え立て直しにては、人の価値観も大きく転換する必要ありなん。

いつも最後まで読んでくださり、ありがとうございます。
皆様の魂の浄化が進みたくさんの福運に包まれますようお祈り申し上げます。
syomei

日本は神出る、はじめの国なり。
神と共にありて先祖を大切に為し、家系を重んじる伝統のある民族ならん。
なれど、このままにてはその伝統ある血も途絶えゆく。
文明の発達は思わぬ所に不具合をもたらすなり。
電磁波、放射線、有害な添加物、環境ホルモン、ダイオキシンなど、様々なる毒は人々に異変を起こさん。
肉体や心に病を呼びたるだけになく、子宝に恵まれぬ家庭も増え、途絶えゆく家系も多し。
人は地球を破壊し、毒にて穢し、全ての循環乱したる。
さなれば人も汚染され、今や人類存亡の危機を迎えん。
和食には日本人の肉体と精神を養いて、毒を排出する知恵ありなん。
米・味噌・大豆・小豆・旬の野菜を有り難く良く噛み砕き食せよ。
人が撒き散らしたる毒は、人をも冒したるとよくよく心得、一人一人が生活を改めねばならぬなり。

いつも最後まで読んでくださり、ありがとうございます。
皆様の魂の浄化が進みたくさんの福運に包まれますようお祈り申し上げます。
syomei

インフルエンザ、日本にて広がらんとす。

人々が世界の国々を自由に行き来できる今、ウイルス・菌が世界に広がりしことは容易く、そを抑えるは不可能なり。

此度の現象は、一旦沈静化に向かいゆく。

なれど、いずれ更なる強き毒もちて襲い来るやもしれぬ。

二度、三度とそを繰り返すやもしれぬ。

さなれば、この現象を人への警告と受け止め、慌てず恐れず準備を整えるべし。

ウイルス・菌を殺菌消毒し、殺すことばかりでは、さらなる強き毒への変異を促すばかりなり。

今、人の体内の循環乱れ、免疫力も弱まりて、さなる毒には対抗できぬなり。

なれば、日頃、毒に冒されぬ免疫を養えよ。

ウイルス・菌にても役割ありてこの世に存在す。悪しきにあらず。
まず、そに気付かなければ、いつまでも感染症の脅威は消えぬものなり。

いつも最後まで読んでくださり、ありがとうございます。
皆様の魂の浄化が進みたくさんの福運に包まれますようお祈り申し上げます。
syomei


自然生態系乱れれば、絶滅する生命多くありなん。
そは人も例外になし。
徐々に人間の世界も子孫残せぬ家系増えゆかん。
さなる現象さまざまなる因あり。
一つには先祖供養怠りし事。先祖ありてこその己なり。

先祖の罪穢れ清め、霊格の向上はかるが子孫の役割なり。
さなくば先祖も子孫も繁栄望めず。形ばかりの供養でもならず。

現代にては神仏に関わる者さえも正しき供養過つなり。
先祖の霊格向上、あるいは罪穢れを清めることは、己の向上に繋がりて子孫繁栄す。
人の修行は先祖と共にあり。 

いつも最後まで読んでくださり、ありがとうございます。
皆様の魂の浄化が進みたくさんの福運に包まれますようお祈り申し上げます。
syomei

神はこの世がうまく循環するよう、陰と陽、男と女を創られり。
互いに欠けを補い合いて助け合うべく仕組まれん。
国、人種によって、生活、文化、伝統違えど男の役割、女の役割をそれぞれに与えられたるなり。
どちらが上でも下でもなく、優劣も無し。
男が男の役割果たし、女が女の役割果たし、宇宙の理に適いて生きらば、いついつまでも子孫繁栄し続きゆくものなり。
日本は始めに神が創られし民族ならん。神と共に歩む国なり。
なれど、その誇りも伝統も忘れ、男も女もその役割果たす事なく、宇宙の理に適わぬ国となりにけり。
さなれば、子孫繁栄ならず神の国も消滅の危機を迎えん。

いつも最後まで読んでくださり、ありがとうございます。
皆様の魂の浄化が進みたくさんの福運に包まれますようお祈り申し上げます。
syomei

↑このページのトップヘ