木花咲耶姫様の御神示

高度精神成長時代のメッセージ
since 2006.1.23.

2008年06月

人の目に見えぬものへの思い様々なり。
全く否定する者、半信半疑の者、憧れ、恐れ、畏敬の念持つ者。
真に神の恵み感じほのかに神を思いて感謝の思いを抱く者。
神が目に見えるならば信ずると言う者あり。
なれど神は目に見えぬもの。
なればこそ人の信ずる心問わるるなり。
神が目に見えぬからこそ、人は見えない力の存在、人に心が存在することを認めらるるものなり。
自ら神から離るるなかれよ。
神を否定する者に神は手を差し伸べられず。
なれどいたずらに信深すぎて考え偏るもまた問題なり。
何事も過ぎたるは及ばざるが如し。
神は人を見守るものなり。なれど間違い多かれば試練与え、気付きを与えんとす。
時には奇蹟を起こすこともありなん。
そも、神の信号、神の奇跡と気づくか、単なる偶然と感ずるかにて道は分かれゆきなん。
神の存在は人には見えぬもの。
見えぬからこそ、心から神を信ずるか否か、はっきりと映し出さるるものなり。

人は神の領域に踏み込んではならぬ。
命を操るはならず。
自然を操るはならず。
人の命は神に委ねられり。
人には老いありて死あり。
人の寿命は定められん。
短命の運命持つ者もあり。
長命の運命持つ者もあり。
短命と定められし者も真の信仰心ありて、魂清く優しくありなば運命は変わり寿命伸びることもあり。
長命にて運強く生まれたりとて魂穢し生きるなれば、その恩恵は無となり寿命を迎えられぬなり。
己は病多きと嘆くなかれ。病にも意味あり。
己の生き方、神の意に適うものなれば、運命は変わりゆくものぞ。

今の世に生きる者、皆、考え正さねばならぬ。
この世乱れに乱れ、老人となりても殺人犯す者あり。
懸命に生きて子を育て、本来死を迎えし前の安息の時なり。
人生の最後の最後に人の命を絶つ神に背く行い為すなどあってはならぬ事なり。
今、人は真の意味の順番を間違えり。
親は子を慈しみ育て、子は親に感謝し、先祖に感謝し、親が年老いたれば、それまでの苦労ねぎらいて親を看とるが肝心なり。
物事には全て順番、順序、序列あり。
日本の民はそもそも順番を守りゆく民なれど、今この意味は取り違えられし。
物事の順番、順序、序列間違わば人の循環にも滞り表るる。
人の間に順番の感覚が失われし時、人の世はさらなる争いをよぶものなり。
順番なくば秩序保たれぬ。
子が親をねぎらうは当たり前のことなり。
この世に生を受けしこと自ら望み、親を選びて生まれしもの。
親を蔑ろにするなれば、己も同様にさるると心得よ。
居場所なく孤独な老人増えゆくは悲しき。
人は最期の時こそ魂清らに尊厳ある死を迎えねばならぬ。
最後の最後に大罪犯す事無きよう、魂を磨き過ごせよ。順序を正し過ごせよ。
人は皆々老いるものなり。
年老いてこそ人生の最後の学びを為し、喜びの中にあらねばならぬものなり。

ガンなど病を無くすには、第一に大地健全なりてエネルギー高きことが必要なり。
人も動物も植物にて生かさるる。肉食動物とて草食動物を食するなれば。
なれど森林は伐採され、汚染され、はじめに神の与えし自然の姿は消えゆくなり。
農薬、化学物質にて大地汚染さるれば地場も狂うものなり。
宇宙のエネルギー受け止める大地の高きエネルギーありてこそ、植物にも高き生命力与えらるる。
大地の汚れにて植物も汚れ、人間の体もまた汚れゆく。
地球の健康と人間の健康には密接な関係あり。
環境汚染にて己の体も汚し、魂も穢さるるなり。
ガン広がるは現代の世界の病を知らせるものでもあり。
地球の健康が人間に健康をもたらすなれば、その逆もまたあり。
環境の浄化為すには、まずは人間の血液を浄化すべし。
今人の血液には様々なる毒溜まりて流れも滞るなり。
地球の川も血脈なり。そは固められヘドロ詰まりて役割果たせず。
人間の血液美しく浄化為せば、自然への感謝の心生まれなん。
本来人は自然と共存すべくつくられり。
なれば人よ、浄化の始め、己の血液を美しく浄化する努力を為せよ。
心の平穏保つなればガンに打ち勝つ心と体生まれん。

人間の体は小宇宙なり。
地球病むなれば、人間も同様に病むことを知るべし。
人間の知恵ありなば、いずれガンに打ち勝つ薬の開発も可なり。
なれど、元を正さずばガンよりも恐ろしき病もたらさるるなり。
地球の病を浄化し回復させねば、人の精神は病みゆくばかり。
ガンの一番の原因は負の感情なり。
悲しみ、苦しみ、怒り、苛立ち、焦り、妬み、恨み。
さなる感情多くありなば、たやすく人はガン患いゆく。
ガンは人の体内にて常に表れては消え、表れては消え、そを繰り返さん。
負の感情多くありなば、ガンを増殖させん。
地球が浄化され良き波動に満たさるれば、人の精神も癒され、ガンも消えゆくものなり。
地球の状況と人の病は繋がりゆくもの。
ガン患う者増えゆくは異常なことなり。
そは地球病みしゆえと悟るべし。


↑このページのトップヘ