木花咲耶姫様の御神示

高度精神成長時代のメッセージ
since 2006.1.23.

2006年11月

最近、ピュアファイブックを申し込まれる方に、うつ病のご相談が増えています。
うつ病の原因は何ですか?


精神病、うつ病増えしは立て替え直しの浄化による事もあるらん。
肉体の問題、心の問題も表面化す。
そを治癒したいと願わば、まず原因を知らずには難しき。
そもそも、うつ病なるは不満の証なりけり。人と比べるなかれ。
よそに目を向けるがゆえの病気なり。
心の苦しみは己自信から生み出されるらん。
つまらぬ欲望、つまらぬプライド勝手に抱き己を追いつめるなり。
精神の病、うつ病患う者に与えられし修行は、心の平安保つことなり。なかなか困難なことなり。
されど、今生かさるること、それのみにても喜びなり。自分のみなぜにこのように苦しきと考える心に魔忍びより、病導くらん。
命あることのみにても素晴らしき事なり。嘆くに及ばず。
人に感謝し、神に感謝捧げ続けるならば必ず平穏訪れるなり。

2007年は竜巻が多くなるとのご神示があり、その現象はすでに表れていますが、どのような意味を持つのでしょうか。また、高速バスの突然の炎上、電気系統の故障による電車の停止なども神様のご意図があるのでしょうか。


人間心としては不安にもなるらん。
されど全てが人間に対しての神の警告なり。
損得勘定、おごり、慢心に対する警告なり。
人は繰り返し繰り返し事象を見せつけられてもその時々に恐れ、その時々に思いを馳せ、反省もありしが、すぐに忘るるものなり。
損得勘定優先に考えるはやがて人を脅かすなり。
おごりにて物事運びしゆえ、生命の安全後回しになりき。
人知においてはかりしもの、不具合を呼び、人の足を止めるものなり。
地震ありても台風の被害ありても、我が身に及ばねば他人事なり。
竜巻の威力凄まじき。
人智において避ける事も予想する事も困難なり。
人智においては限りがあるらん。
そを今こそ心にとめよ。
おごるなかれ。
損得のみにて動きしは必ずどこかに不備あるらん。


参考リンク
2007年の日本・災害について
平成18年11月8日

ご投稿頂きました質問より。
・氏神様の大切さ、人類の根っこである祖霊について、詳しく教えていただきたく思います。
私たち人類は、どのように氏神様や祖霊と向き合って言ったらよいのか?未来を担う子供たちに、それをどういう形で伝えていったらよいのか?もお聞きできれば幸いです。
どうぞよろしくお願いいたします。


信仰の方法、形は国によって異なるなり。土地によっても異なるもの。
氏神様は縁ありし神を祀ればよし。されどこだわるなかれ。
神は元一つ。元の初めの大本はスの神なり。
四十八の神、いろはの神と呼ばるる全神の中心におられる神なり。
全神で完全なる一つの神なり。ゆえに神元一つ。
どの神祀りてもかまわぬが、大切なことは心を正し、言葉を正し、素直な心で神を求め感謝を捧ぐる事なり。
たとえ札無きても、神棚無きても、神に通ずる真摯な心あればそれ良からん。
こだわるなかれ。
人は皆生かさるるものなり。
そを神仏、ご先祖に感謝するは人間の道なり。
そもそも今生かさるるは先祖のお陰なり。
畏敬の念を持ち、ご先祖の魂に語りかけ感謝を捧げ、ご先祖の一人残らず成仏して頂くことが子孫にとって一番大切なことなり。
彷徨う霊にはただ、恐れるのみではならず。心を込めて成仏されんと祈るべし。
我が子にはあえて教えずとも神仏に手を合わせ心を込めて祈る親の姿を見せ続ければ自然と子等も親に従うなり。
神仏、先祖を敬い感謝を捧げる家に、親子断絶、子の自殺などありはせぬ。神見守りゆくらん。

先天運浄化術の言霊鑑定や相性鑑定は、名前の言霊がどのようなエネルギーを発するか、家族、住所、電話番号、携帯電話番号、ペット、車などとの数言霊の間にどのようなエネルギーが発するかを調べる物ですが、これによりその方が抱えている、因縁の傾向が表れてまいります。

先天運や姓名との関係もありますので、同じ暗示が付いていても、表れる現象は人それぞれではありますが、
例えば芸術に縁が深い方には、芸術を司る暗示が多くつきます。
霊感の強い場合霊感を司る暗示が多く付いている事があります。
夫婦間で大きく問題を抱えている場合、男女の仲要注意の暗示が大変多くついている事があります。

電話番号や携帯電話番号との相性?と思う方も多いと思いますが、意外な程影響力が強く侮れません。
電話番号の持つ数霊はエネルギーが強いことが多く、携帯電話の暗示が良い場合、大変運命が助けられる事もありますし、逆に、例えば当人同士に男女の仲要注意の暗示がつくよりも携帯電話にその暗示がつく方が男女間に影響が強い場合もあります。

男女の仲要注意の相性が多く付いているなら、それは自分が抱えている因縁であり、克服するべき試練です。
姓名の暗示にも、同じような暗示が出る事もあり、この場合は相当にその因縁が深いと判断することができます。
悪因縁を切るには、自分の人に対する接し方を反省しつつ、開運の根幹を肝に据え、浄化に努め吉暗示に転化する努力をしなければなりません。

そして、そのような努力の上で、数霊符を利用したり、携帯電話番号を変えてみたり、ペットの名前を変えることでその因縁は解けていきます。
因縁が深いほど、求められる努力は大きくなりますが、神様は努力している姿をしっかりと見てくださっていますからあきらめず浄化に努めて頂きたいと思います。


今この時まで神は人間を愛で、見守り続けるらん。
されど、人間は独り歩きし、神から遠く離れ、魂汚し、心曇らせるらん。
人は皆この世にて生かさるるものなり。
長い間かけて汚れた魂は、長い間かけて立て替えねばならぬ。
されど、神は急がるる。
何百年もかけ、地球の立て直しを行うには、地球も人間も穢れ多し。このままなら破滅を待つのみなり。
それゆえ、神は様々な事象をもって皆に知らされようとされるものなり。
一つの事故、事象を人事だと軽くみてはならぬ。
電車止まるも竜巻も台風も動物たちの行動も全てが意味あることらん。
よくよく目を開け、今この時の現象から目を離すなかれ。
現実を見つめるべし。
一人の者の力なりては何もなし得ぬ。気づきあるなら、皆が皆へ伝え、この世立て直さんとさるる神の手足となれよ。

↑このページのトップヘ