木花咲耶姫様の御神示

高度精神成長時代のメッセージ since 2006.1.23.

2006年08月

川に注意なされ。
川は山の様も海の様もともにあらわすものなり。
昔、川は浄化の手段として感謝をこめて大事にされていたが、
今は川さえ汚され、感謝の気持ちも川の役目もどこかへ忘れさらるるなり。
川の神、水の神の怒りをかうは大変なるぞ。
飲み水も川あってこそなり。
川の怒りは恐ろしく、いきなり様を変えるなり。
いきなりゆえ、予想しがたし。
川の汚れをもとに戻せよ。
昔の清らかなる川に。
自然の浄化は魂の浄化にも繋がりけり。

人智のおごりにて作られし物。
想定外などと理由をつけ、事故起こりし。
次々と明らかなる。
そのような物作りしはおごり。欲。
根底の優しさ欠けるなりけり。
真実人の為思うて作りしならば、事故おこりえぬ。
利益追求に目もくらみ見えぬものなり。
人智のおごりは時に大きな災害さえ呼ぶものなり。
目を覚ませよ。
神が認めし文明なら先の世にも残りゆくなり。
安全且つ人のため、世界の為を思うて作る物ならば必ずや、神認める物となるらん。

神は人を等しく愛でられ、神の姿に似し人間が気持ちを通じ合わせ、仲良く、知恵を生かし、神と共に歩む事を望まれるなり。
神の子なりし人間が皆魂を清め修行し、この世の仕事をすべからず、滞りなく終え、その身を神に返しゆくことをただひたすら望まるる。
しかるに、この世の今の魂の穢れは目を覆うばかり。
いかにして、このように汚し、穢しおるか。
立て替え立て直しにて神は人間に気付きの信号を送りつづけらるる。
雲、雷、星の整列。ひとつの信号も見逃すなかれ。
ひとつの信号も無駄にするなかれ。

人皆、神の立て替え立て直し手伝えよ。
神のもとに集まり、力を合わせ手伝えよ。
8月22日。この日を境にさらに情勢変わるなり。
されど、繰り返し申すが天を動かすは人間なり。
一つの力になり集まりて祈れば、天をも動かす力となりぬるを忘るるなかれ。
神は人間に怒りの鉄槌を今にもおろされんとす。
されど、人間が気付き、過ち改むれば、神は何度でも許し、待たれるなり。
今こそ、己の魂の穢れに気付き、もとの美しい魂に戻さんとするなら、神はいつでも力を貸さるるなり。

人よ。己の中に眠れる神呼び起こせよ。
この世は神仕組みなり。
神は神に似せし姿の人間を作り出されし。
されど、その我欲神のもとを離れ、独り歩きす。
我欲の強さは文明栄えるほどに目を覆うばかり。
立て替え立て直しの時期きたるは神仕組みなり。
これ以上の我欲はびこらせる事許されず。
神は行動にうつされんとす。
8月22日すぎ、さらに立て替え立て直し本格化す。
雷轟きて、神の怒りを感ずるべし。
己の過ち己の不徳感ずるべし。
反省なきては浄化ならず。
神はいよいよ決断されんとし、封印さるる神々今よみがえらん。

↑このページのトップヘ