木花咲耶姫様の御神示

by天杵万乃(あまきまの) since 2006.1.23.
8664

2006年05月

ジャワの地震、人事でないぞ。
やがてくる日本の姿ぞ。
今はなき神国日本。ここで取り戻さずば間に合わぬ。
神は1人でも多くの魂を救おうとギリギリまで待たれ、引延ばさるる。
人間は弱くもろいもの。罪穢れを持たぬ者はおらぬ。だが善を持たぬ者も無し。
それゆえ、皆平等であり。異なるのは魂をどれだけ曇らせて生きているかどうか。
ここで反省し、懺悔し、生かされている事に感謝を捧げよ。
そして、全ての人、物に感謝を捧げよ。
困っている人には救いの手を差し伸べよ。
ただし、恩着せがましいのは手を差し伸べる事にはならず。
神は全てお見通しゆえ、逆に怒りを買う事になろうぞ。
見返りを求めぬ心を神は認めらるる。

今この時重要なのは、言霊を大切にすることぢゃ。
言霊、音霊、数霊、文字、全てが神の光。波動が宿る。
しかし、現代はこの全てが光失い、波動も悪くなりけり。
再び、古代の神の光、神の意図の宿れる言霊、文字全てを取り戻せよ。
人の価値は言霊の多きにありと唱える者あり。それは本当ぞ。
自分の意思を良き波動にて相手に伝えるために言葉ありき。
言葉少なきは良き波動を伝えぬものなり。
心の中に未熟な物あり。邪悪な物あり。それゆえ神の宿れる言霊選びて使う事できぬなり。
されど、言霊の数ばかり多くとも、邪悪な波動の物、、もっと悪しきなり。
嫌うている者、相手も同様なり。波動は目に見えぬ物なれど。伝わる物なり。
良き波動が世界を満たし、日本を満たせば神の怒りも許しと変わろうぞ。

世界のどこかで起きる地震。火山の爆発。海底火山の爆発。
日本でもよく起きている石油工場などの爆発。
全て、これから起こりえる事態への始まりなり。
人がたくさん死ぬるとて、まだまだ他人事。
なぜに、そのように呑気でいられるのか。
何度も神は気づけよと信号を送りしものを。
まず気づかずば、魂改まらず。
最初に生かされている事に気づき無くば、どこまで行っても改まらず。
気候、天候、世界の情勢、事件、事故、災害、全て細かに目を向ければ、
ただ、温暖化現象の一言で済まされぬ事わかるものなり。
わからぬ者はわからぬようにしているだけ。
いざとなりて、慌てても救われぬ者救われず。
神の信号日に日に強まり、そこには1人でも多く気づきあれと願わるる。神の願いあるなり。

神はそなたに神からの信号を受け取る力を授けたもうた。
されど、おごるなかれ。特別の者と思うなかれ。
この時期、神はたくさんのシャーマンをそれぞれに異なる役割を与え、地上に降ろされた。
超能力者あり。特別の力で人を癒す者あり、霊眼ある者あり。
我が言う事のみ信ぜよと人に言う事の無きよう気をつけよ。
それぞれが異なる力を宿し、異なる役割を持ち、それぞれが補い合い、手を取り合い、日本を神国に戻せよ。
我一番と思うなかれ。
そのような言葉を発する者、本物にあらず。
立て直しは現世の目で見れば危機かもしれぬが、その後には良き国が待っていると信じて力を合わせよ。
1人でも多く気づきある人を・・。1人でも多く、魂清めらるる人を・・。
1人でも多くの魂残さるる努力を、神の言葉を聞き分けらるる者の力で成し遂げよ。

神は新聞、テレビなどメディアを通じても信号を送らるる。
偶然観たテレビも映画も、全てが偶然にあらず。
そこには必ず神の信号、意図あり。努々見逃すなかれ。
米足りぬとあるなら、準備し、プール熱発生とあらば用心いたせ。
数々の事件も事故も他人事にて済まさるるな。
明日は我が身かもしれぬ。
心を清く保ち、明日は我が身とならぬよう、努力なされ。
火山の爆発にはようよう注意をはらわれよ。
何度も申すが、人間が気づき魂あらたむれば、富士山が大爆発する事などありはせぬ。
爆発させたくなくとも、どうにもならぬと神が判断されしは、よくよくの事なり。
目に見えぬもの、神、ご先祖、また、親に感謝されよ。
それができぬ者、他者にも本当の感謝なし。

↑このページのトップヘ