木花咲耶姫様の御神示

高度精神成長時代のメッセージ since 2006.1.23.

2006年04月

ころころと変わりゆく天候。
雲行きもさらにあやし。
世界のどこかで大地震起きたなら、人事にあらず。
世界に起きる事、日本にも起き、日本に起こる事、世界でも起こるぞ。
神国日本が世界の要となりえねば、世界の平和実現せず。
神国日本を取り戻せずに、世界の平和取り戻せず。
日本の荒ぶる、政治、情勢。
それぞれの家庭が日本の縮図なり。
神は信じるが、また、今の日本はおかしいとは思うが、どうしたらよいかわからぬと、手をこまねく者。
まずは自分の家庭を正せよ。
本来、天は夫。地は妻。それを取り違えてはならぬが、今この時、女性の力が必要ぞ。
家庭を正せよ。まずは家庭の中に神仏をよみがえらせよ。

波動悪くなりて身体の調子が悪い者、精神がおかされゆく者多し。
だが、この時耐えよ。そして、ただひたすら自分の向上、浄化のみを考えよ。
人にもそを伝えゆけよ。

近々、人間心のあさはかなるを富みに思い知らさるる。
人間の知恵にして作られし物。自然、神の力の前にはひとたまりもなし。
これ以上の災害はないだろう。この程度しておけば、人は守れる。と言うような人間の傲慢な考えが人の命を落とす元となる。
飛行機のガラスのヒビ。思わぬ故障。船の事故。
こんな事は初めてだと思う災害。事故。人間に気づきあれよと信号送りし。

神に沿わぬ事をするものには必ず神はどの者にも信号を送る。
その信号に気づくか気づかぬかはその者にかかりし事。

いつも神は信号を送りし事をしかと心に留めおけよ。

波動富に悪くなりし。
波動悪きは自然界、人間にも影響を及ぼし、精神をおかさるる者増えゆく。
悪しき波動に惑わさるる魂ではならぬ。魂を清めよ。
本心神と共に歩もうとするなら自然に魂も清めらるる。

ゴミを不当投棄され困り果てていた土地に、赤い鳥居を設置すると不法投棄が減少する。
そはなぜか。
神を信じぬと口で言うもの多いが、魂は神の存在を認識し、罰を与えられると無意識に恐るるからなり。
人は皆、根底は神を信ずるもの。
魂を清めたいと願うなら、自然とその方法も見つけられようぞ。

景気は回復と唱えし者あり。
されど、貧富の差ますます広がり、生活に困窮する者の姿、近しく映し出される事であろう。
10年前の日本にはありえぬ姿。
天気予想図などを、よくよく観察されよ。
たいていが真っ二つ。全ての物が真っ二つ。
やがて人間の心も、神の意に沿い気づきを得ようとする者。
神などいるはずもないと唱える者。二通りに分かれゆく。
人が人として生きていく為に、どれだけの神の手助けがあるか、よくよく考えてみよ。
じっと考えれば、一つや二つは神に手助けされたと思うことが思い出されるはず。
縁にしても然り。不思議なものである。
全てを偶然と片付ける者。あさはかなり。
偶然は無しと考えれば、神の姿が見えてくるであろう。

時、いよいよ近づくなり。
されど神はまだ待たるる。
神が最後の雷を落とす時がこぬよう、また、神の火によって焼き尽くされ、水に溺れる事のないよう、神は人よ気づけよと、様々な現象を起こし、人の気づきを待たるる。
サイトの神示を読んだ者の中にもそなたと同じシャーマンあり。
また、近々の色々な出来事は立て替え立て直しの為の現象であると気づく者もあり。
縁のある者、集えよ。
一人の力ではどうにもならぬ事でも、一人より二人。二人より三人。
その輪が広がりゆけば、その祈りの力は大きい物になり得るであろう。
神はこの時期、多くのシャーマンをつくらるる。

手を結び縁を結べよ。手を離す事無く1人でも多く縁ある者と手を結べよ。

↑このページのトップヘ