木花咲耶姫様の御神示

高度精神成長時代のメッセージ since 2006.1.23.

2006年02月

月の異様なるを思い起こせ。(2月12日、13日の月)
初めてみる月であろう。
八方に光広がりて浄化されん。
雪降ったかと思えば夏の如し。
雨降ったかと思えば、また冬来たり。
心落ち着かず不安をもたらす。
ころころ変わりて体にも変化生ずる。
心せよ。気づけよ。今気づかねば遅し。
時、いよいよ迫り来て、気づきても手遅れとなり。
手遅れとならぬよう、まずは我が身の魂を磨き、どのような変化ありても耐えうる魂となり、前をむかん。
浄化は産みの苦しみなれど、後に幸福もたらさん。

日本はだんだんと荒れ狂う。
人も自然も日々忙し。
太陽の光は地を焼き尽くす如し。
月の光も浄化の力大きくなりし。
精神も身体も浄化されるがゆえ、苦しむ人多き。
浄化により、ガンなどの病気、説明のできぬ事故多き。
悪い者はみぐるみはがれゆく。
反省と懺悔あるのみ。
浄化されるは苦しき事。
好転の兆しとみて、ただ耐えゆくのみ。
心が落ち着かぬ者も多くなりし。
それが浄化の為だと気づきあるなら、心も身体も楽になるらん。

節分すぎて、いよいよ天の雲あやし。
日本のみならず、世界中漂う気悪し。
事件事故多く、ただならぬ。
空を仰げよ。空を仰げばただならぬ雲行き悟れるなり。
陽はギラギラと夏のように視界阻む程の光。
三歩先は雪ふぶく。
天の偉大さを人間はまず悟らねばならん。
天ありてこそ地ありて物育つ。
本物の天のありがたさ、今はわかるまい。

天ありてこそ地あり。

この言葉をまず、各家庭で認識するならば、日本の社会は古き良き時代に少しは近づく事ができようぞ。

天と地。くれぐれも申す。
逆さまはならず。
正しき順序、間違えてはならず。

日本国の国民の中には、最近富に頻繁になりゆく地震、台風、世の中の出来事にようやく、これはどうした事かと考えゆく者、増えゆくなり。
災害のみならば、温暖化ゆえと結論付けられるが、2005年より暴かれゆく嘘、隠し事、悪事、予期せぬ事故、心が締め付けられるような事件の数々。
日本、また日本のみならず、世界もまた病みゆく事に気づかされつつある者多し。
天が曇りゆく事、何としたものかと考える者もちらほら。
天を動かすは、人間の心である事、悟りうるなら富士山が爆発する事など有り得ぬ事、何度も申すが、そを人に伝えゆけ。まだまだ足りぬ。
今気づきし者ありても、行動に移さずば力とはなりえぬ。
神は人間が人間として、美しき魂を取り戻さん事を願うのみなり。
まず、言霊を正せよ。正しき言霊の使い方をすれば、世界平和叶うなり。

↑このページのトップヘ