新年を迎えるはその年の守護を司る神をお迎えする事でもありなん。
なればこそ環境をできうる限り清浄に美しく整えねばならぬ。
しめ縄、門松、国旗掲揚せぬ家も増ゆるれど、さなる習慣は全て神をお迎えする心の表れなれば、できうる限り日本的な正月を迎えるが肝心なり。

お正月を迎えると言うことは、年の初めに神様をお迎えすることであり、本来神聖な行事、神事です。
新年を祝い楽しむことはもちろん良いことですが、根底には神への畏怖があるべきです。
最近は、お正月の風習も忘れられつつありますが、それでは、単なるお休みの過ごし方とさほど変わりませんから、神様をお迎えする事など到底できません。
年末にできる限りの大掃除と、お正月の準備、飾り付けをしておきましょう。
元日にはまず神様にお雑煮やおせち料理を振る舞い、感謝の心を捧げ、さらに浄化に努めていきますと肝を据えて、楽しく且つ厳かにお正月を過ごしてください。
+木花万乃の運命鑑定+

家族のための鑑定本『きづな』
2013/2月末まで

新五色の玉

※『きづな』『新五色の玉』共にリニューアルしていますので、以前の鑑定をお持ち方もお申込頂けます。
以前の『きづな』をお持ちの方は鑑定料から5000円を値引きします。
『五色の玉』鑑定済の方は追加部分のみの鑑定で鑑定料が8000円となります。
2013年運鑑定の進捗について

10月31日にご入金を確認致しましたお申込分までの発送が完了しました。
製本の都合で、9月後半のお申込分も一部含まれています。大変お待たせすることとなり申し訳ありません。

年内納期とさせて頂いております11月7日までにご入金を確認致しましたお申込分も、製本が出来上がり次第、発送させて頂きます。到着まで今しばらくお待ちください。

1月中発送納期分も順次作業を進めております。新年早々発送を開始致します。