今、この世の浄化の時、まずは己を浄化するがよからん。
人として誕生するは極希なり。
人とは人智及ばぬ神の御意図にて創られしものなれば、科学者が束になりとて生命とは何ぞやを解明するは難しきなり。
この世に生きらるることこそ奇跡と悟れよ。
寿命を全うするその時まで、日常の生活の中にて、学び続け、生き続けるが人の役割ならん。
人は一人では生きられぬ。
他者の助けを受け、先祖の助けを受け、神仏の助けを受けてこそ命保たるる。
なれど現代人は、他者を疎んじ、先祖・神仏から離れ、確固たる支えを失い孤独なり。
浄化の第一歩は、己の支えとなる存在への感謝を取り戻す事ならん。
神仏信じられぬなれば、太陽にてもよし。月にてもよし。
命育む存在とこの世に生を受けたるその奇跡に感謝捧げよ。

木花万乃の新ブログ
みちしるべ