人は皆平等なり。
人間が修行し、努力し、補い合い助け合うため、いかなる者にも欠け与えられり。
なれば己に欠けありたりとて悲しむなかれ。苦しむなかれ。
己の欠け素直に認め、少しにてもその欠け埋めるべく向上せんと修行為すべし。
人の欠けには手を貸し、己の欠けは手を借りることも大切なり。さなれば良き循環生まれ、和が生まるるなり。
己の欠けに気付くことは向上の第一歩。気付かず、認めず、我を張り生きるも、嘆き悲しむばかりでもならず。
己の欠け認めて、己の全てを慈しみ大切にする心を持ち、さなる心を人への慈愛の心へと成長させることが肝心なり。
ゆめゆめ己自身にて己を貶めるなかれ。
欠けを補い合う和が生まれたれば、宇宙の良き気との共鳴生まれ、ミロクの世へと導かれゆかん。

いつも最後まで読んでくださり、ありがとうございます。
皆様の魂の浄化が進みたくさんの福運に包まれますようお祈り申し上げます。
syomei