投稿して頂きました質問より。

・肉食はやめるべきでしょうか。
過去の神示より抜粋

肉は本来人間の食べ物にはあらず。なれど、血となり肉となり、人間の生を助くるゆえ神は許されし。
なれど毒もまた多からん。
食する前に必ずや神に捧げてそれから食せよ。
感謝捧げてそれから食すべし。
食物足りるを、火あるを、水あるを感謝すべし。

私が受け取っている神示では、肉も食べて良い。と示されています。

毒も多いので、たくさん食べてはいけないけれど、その毒を消す食べ物を食べ、エネルギーを循環させるなら、利点もあるので食べてはいけない事はない。
と神様は仰います。

ただし、現代人は完全に肉類、乳製品、卵を食べ過ぎですので、現在の量の半分、そのまた半分と減らしていく事は必要でしょう。

人が肉を食べて良いなら、肉を食べてはいけないと言う、他の神示や研究は間違っているのかと言えば、そうではありません。

いずれにしても、人の魂を穢す大きな原因となりうる物であることに違いはなく、大きな視点で捉えれば食べるのはやめるべき。と言うのも、食べるなら感謝を捧げ、エネルギーを循環させなさい。と言うのも肉食に対する注意としては大して変わらないのではないかと思います。

肉食が必要ないと感じるようになった人はやめれば良いですし、どうしても食べたいという人は、できるだけ少量に抑え、よく噛み、有り難く頂けばよろしいでしょう。