訪れし人類の立て替え立て直しは既に多くの宗教家、霊能者、書物、様々なる手段にて人々に知らされん。
地球の危機は温暖化のみにあらず。
大地も山も海も川も食料も全てが汚染されし。そして人も魂も同様なる。
死にゆく大地広がりて、神の恵みなる植物、野菜、果物も命無くし、人間の生命支える役割も人間の手にて断たれんとす。
一つの野菜にても神の御意図をもちて作られり。
陰陽作りて循環し、それぞれに命吹き込まれん。
火と風と水によって育ちし食材が人間に必要なれど、完全なるもの少なき。
この世立て替え立て直さずばもはや、人の命さえ保てぬ。
それほど、人も地球も病むなり。
食材に変わる栄養食品・健康食品摂ればよしと考えるは間違いなる。
人は神の恵みの食材を調理し分け合い、皆で食するを神は望むなり。
人の手にて調理された料理を皆で囲むはそこに愛あり。愛ある食事をされよ。
健康を補助する粒飲みても、人の感情は失われゆくばかり。
野菜・果物様々なる食物、全て神の御意図あり。
ただ栄養を与えるだけでなく、そこには火の神の恵み、風の神の恵み、水の神の恵み、大地の恵みが宿るなり。
人はその恵みを与えられ、清き魂、人間としての正しき心、健康なる体を与えられるなり。
地球の万物全てが病みて汚染されし今、立て替え立て直しは恐れるにあたわず。
むしろ喜ばしきことなり。
このまま地球が病み続けるならば、いかなる事態引き起こすか。
心ある者なれば、既に悟りたる。
神は幾度も立て替え立て直しの手を緩め、人の気付きを待ち続ける。
なれど、時来たる。
ついに神は立て分けの決断さるる。
宇宙万物、人間全て立て分けんとす。
来たる年、人の定めは右と左にきっぱりと分かれゆくなれど、神は救いも残さるる。
己の穢れ、魂の曇り、過去に犯したる罪を反省し、懺悔し、道正さんとする者には救いの手を差し伸べられん。
人よ。最後の時なれば、今こそ気付きて神の手伝いなせよ。
人は神の子なり。
いかなる者も神と共に立て替え立て直しを成功させんため、神の手足となれよ。
いたずらに立て替え立て直しを恐るるなかれ。
立て替え立て直しなく、今のままでは滅亡を迎えるのみなることを悟れよ。人よ。