立て替え立て直し進み、いよいよ改革の時。
人間個々の気付き促すため、個人に潜む悪心、邪心、脆さ、表面化さる。
油断するなば足許すくわれん。
己の中の邪心なるは邪悪なるもの引き寄せ、たやすく騙されゆくなり。
人、皆たやすく悪へと引きずられるものなり。
この程度誰でもやっているなどと、高をくくる者にこそ、思い知らさるるなり。
なれば傲るなかれ。
人の不幸、苦しみをわが身に置きかえ考えるがよし。
社会にも悪はびこり、地域にも家庭にもはびこらん。
なれど、大切なるはただに批判、中傷するのみは何ら向上無し。
悪心起こし、罪犯すとて、許し、共に向上を図らんとする心大切なれば、社会、国の悪表面化するらば、ただ中傷、批判するになく皆々一人一人がさなる悪の因悟りて、良き世にするを祈るがよけれ。
罪犯すは環境、社会に大きく因あるなれば、己もまたいつ罪人となるやもしれず。
ならば、罪人作らぬ世を作るため、皆祈ればよけれ。
力合わせて祈ればよけれ。
一人の祈りになく、国の民が一丸となりて祈らば、平和はたやすきこと。
人の悪心、弱さ、脆さ、傲り、油断、そを表面化さすは、己の中にもさなる要素なきか人に内省させるがためなり。
気付きもたらす為なり。
神は立て替え立て直しによって人を立て分けんとす。
一人でも多く救いたし。
さなりて神は人に気付きを与えるため、何度も警鐘を鳴らし続けるなり。
大切なるは悪、表面化なりても非難、誹謗、責め立てるに留まるなかれ。
社会の悪無くすにはいかにせんかを考え、家庭の悪無くすにはいかにせんか考えゆくが大切ならん。
人の罪、己にも罪ありと考え許すがよけれ。
己の中にも邪ありなば、罪人となるやもしれぬ。
なれば人を許せよ。
許し、共に向上し良き世となるを共に祈るべし。