宇宙の万物、事象全ては循環す。
全てはめぐりめぐりて1から始まり0にて終わらん。
全ては神の定めし流れのままに流れて元へと戻らん。
人間の体も循環なり。
正しき循環ありて良き波動に満たされれば、心も体も健康となりて福もたらされん。
人には執着心あり、我欲あり、そは循環乱す元ならん。
無駄なるもの省くことが循環正すことになりぬる。
人間にとって最も無駄なるは物に対する執着なり。人に対する執着なり。
望む物品手に入れしも、またさらなる物品次から次へと欲し、満足することなし。
物品にて人の真の満足得られず。真の幸福得られず。
心の持ち方一つにて良き循環保たれるなり。
見栄、体裁、世間体、執着心全てをかなぐり捨てし時、魂の穢れも浄化されん。
物にも命あり、役割あり。
物は使われ、大切にされてこそ命生かされ、役割果たせるなり。
なれどいかなる物も寿命あり。
使うこともなく、古くなり命終えし物をただ欲望にて増やすは執着心増すばかり。
物品に溢れかえる家は気を乱す元となり、空気循環せず滞りゆく。
不要なる物捨て去れよ。
使用せぬ物、命を終えし物品溢るるは循環乱すのみ。
金銭も同様なり。
物品、金銭は大切なり。
人間が生活するに物品、金銭なくして生活ならず。
なれど溜め込むは執着心の表われなり。
古きを出し、新しきを入れねば循環は滞りゆく。
足るを知ることが大切ならん。
入った金銭の一部は社会へ返せよ。施せよ。
物品は大切に使うが肝心なれど、老化し命無くさば感謝を込めて手放すがよし。
いたずらに物品求め、金銭求め、物品にて家溢れかえるは運をも滞らせる。
己の欲のみにて金銭貯め込みても真の富み得られず。
ただにむなしき心呼ぶ元なり。
心を清らに執着心無くすは心の持ち方なり。
足るを知りて無駄なる物品、心の重荷捨て去りなば、すっきりと清らなる気流れ、循環す。