日本の国には四季が与えられし。
四季あるは特別の恵みなり。神の御意図あり。
四季を生かし生きるが日本の民の生き方ならん。
四季を愛で、四季を感じ生きるを神は喜ばれん。
桜は春の花なり。季節はずれに咲くは良からぬことなり。
病める日本の象徴なり。
桜は日本国の象徴でもあり。
神宿る花なり。
日本人は桜をこよなく愛し、一時の開花を楽しむなり。
桜は春に咲きて人々の心を浄化せん。
日本の民は桜に神宿るを無意識に悟りて、桜に対する思いは特別ならん。
その花が季節はずれに咲くを喜ぶなかれ。浮かれるなかれ。
「さ」は神なり。ゆえに桜は神宿る木なり。
桜も今の日本にてはやがて姿を消して美しき花見ること適わぬ事態となるやもしれぬ。
それほど波動は悪しきなり。
日本の象徴たる桜、絶やすなかれ。
四季の花々季節はずれに咲くは警告なり。警鐘なり。
特に冬に桜咲くは気を付けるべし。
花、木々も様々な形で地球の危機を告げたる。