日本の政治、混乱なり。
なれど、本当の混乱は今から始まりし。
ますます政治に潜む陰、悪、問題点、国民の前に明らかにされるなり。
やがて大きな変革あり。
今地方から整えるべし。
地方がありてこその国家なり。
都会より田舎の方が人と人との絆強かりし。
地震、天災にその絆が役に立ちゆく。
大きな地震、災害はいまや避けられぬ。
都市においては思わぬ災害起こりゆく。
ビルの多くある都市ほどに多くの問題はらむなり。
人は地にありてこそ生きるものなり。
地から遠く離れ生活するは人智の及ばぬ危険も潜むらん。
都市部は少しの災害にても、少しの電気系統の不具合にてもすぐに麻痺し、混乱し人々の生活脅かす。
地方にても災害はあるなり。
様々な問題も起こらん。
なれど、大きな災害が都市を襲う時、日本の復興を支えるは地方なり。
水の豊富な地方、自給率の高い地方、人の絆の強い地方。
それぞれに復興の手助けとなるらん。
改革の時を既に迎えし地方もあるなり。
改革の旗手となるべく一人の人間降ろされん。
改革大きく成功に結びつきなば、やがて他の地方にも及びゆき、やがてうねりとなりて、広がりゆくものなり。
なればその地方の改革の成功が必要ならん。
人はうつろいやすきもの。
心は少しの事にて離れ、批判となりやすし。
地方の改革成功に繋げるには地方の民の心が一つとなりて、協力し合う事が必要なり。
また、重要なるは土地の浄化なり。
ゆえに浄化の現象はことごとく襲うなれど、いかなる時も己の家族と己の生きる土地を守るべく行動するべし。
日本は近き未来、大きな政治の変革あり。
今は地方を強化するがよけれ。
改革は一人の力では為し得ず。
皆力合わせ、改革を成功に導くべし。