立て替え立て直し進み行き時近し。
さなる時、いかにすべきか迷う者ありなば、まず言葉を正せよ。
言葉は一つの循環なる。
波動となりて伝わりてめぐりゆく。
悪しき言葉は悪しき波動となりてめぐりめぐりて己にかえらん。
悪しき言葉は人を傷つけ人の魂穢し、己自身の魂も穢しゆく。
宇宙の全ての原理の元は循環なる。
全てはめぐりて元に戻らん。
なれば良き言葉を選びて使うべし。
美しき言葉を発するべし。
今の世にては必要なき言葉の省略多く、言葉の意味は失われり。
必要なき省略は発する者の品性落しゆく。
文法を完全に無視するもならず。
文法を正し、日本の元ある美しき言葉に戻せよ。
日本語は実に美しきなり。
勝手な省略や、勝手に言葉を作り上げるは波動を穢す元となるなり。
文章にても同様なり。
文字は人間のために作られり。
人間が記憶を残すため、意志の疎通のためのものなり。
文字にも波動あり。
美しき言葉を文字にすれば、美しき波動となりて相手に伝わらん。
ひらがなもカタカナも漢字も全てのはじめは日本なり。
日本の国から他国へ伝わり、やがてまた日本へと戻りぬ。
ゆえにひらがなもカタカナも漢字もそれぞれに意味ありて大切ならん。
人は罪人なる。長き間にはいかなる者も知らず知らずに人を傷つけ魂穢さん。
人は罪人なり。人を罪人にするのも人なり。
幼き時から悪しき波動に囲まれ育ちゆく者、あるいは悪しき波動発し続ける者、容易に罪人となりにけり。
ならば、人が皆言葉を正し生活するなれば、この世の波動は良き波動となりて世の中丸く収まらん。
世の中の元は循環なり。
今この世に起こりし現象も循環ならん。
相手を思いやり言葉を発するなれば、そは良き波動となりて伝わらん。
言葉も循環の一つなり。
言葉の重さ、大切さをよくよく考えるべし。
軽きに省略するべからず。
汚き言葉作るべからず。