近々、目を覆うばかりの親殺し、子殺し、殺人事件、事故多く発生す。
人間の犯す罪、一番重きは親殺しなり。次に自殺なり。
なぜにこのように親殺しおきしか。
一つには、親と言えども己に余計な関わりをさるるを良しとしない個人主義の考え。
親と言えども口出しするは邪魔なり。
個人主義の蔓延は日本を滅ぼすなり。
一つには、疎かにされゆく先祖供養なり。初七日さえ、葬式と同じ日になりし。
そは間違いぞ。早う正せよ。
成仏できぬ霊が日本にはびこるなり。
また、赤い糸の縁の者結ばれぬゆえ離婚は増えし。結果長男として生まれ生家の供養の義務を負う者も母親の連れ子となり他家へ連れ行かれるなり。
成仏せぬ魂は増えに増え、人間の精神を侵しゆくなり。
幼子、水子を導きゆく地蔵菩薩も人間の手により次々と取り払わるるなり。
目に見えぬものへの不実。
今事件、事故となりあらわるるなり。
神を信ずる信じぬなど議論する前に神に好かるる努力、先祖を労わる心。まずはそが先なり。義務なり。