木花咲耶姫様の御神示

高度精神成長時代のメッセージ since 2006.1.23.

日の本改革まで時間少なき。
人よ。なぜに立て替え立て直しが必要なるか、1人1人が反省し、その意味を判らねばならぬ。
遅かれ早かれ起きる天変地異。自分のみが助かろうと、どのように足掻いても逃げても逃げ切れぬ。
逃げ惑う人の姿。神はそれほどの事を起こさねばこの地球消えゆくなりと、神にとっても辛く苦しきことなるが、その後、神は必ず人を救い手を差し伸べらるる。
清く美しい神と共に歩む魂を1人1人救われ、神と行動を共にせんと導かるる。
それゆえ、どんな時も神に身を預け、委ねて歩けよ。
委ねよ。1人でも多くの人に気づきある事を神は願うなり。

人よ。日本の文化を取り戻せよ。
古代から脈々と受け継がれし日本の文化。
そは全て神とともに歩みし為のものなり。
美術も書道も創造も祭りも全てが神の意図あり。
神とともに歩みし為のものなり。
されど、明治の頃、西洋文化を取り入れんが為、日本の文化の一部、そも大事な文化の一部は排除されし。消えうせし。
神国の民なれど、神国の良き文化、現代は知らぬ者が多き事は嘆かわしき。
失われた日本の文化、取り戻せよ。
神の意図深き日本の文化は現代人の心に必要不可欠なものなり。
努々祭りをやめてはならぬ。
神も喜び、人も神の良い波動、全身に伝わりゆく。

みそぎの時近づきし。
災害おきやすくなりぬる。
されど、いずれの事象においても、我が身にも起こりうる事、くどく申すが忘るるなかれ。
自身が災害、不幸に遭遇せねば後に不幸にあいし者の悲しみ、苦しみ、いかに聞かされようと、メディアで画像を見ようとも、後にその悲惨さ、無残さをどのように目にしたとしても、不幸に直接身を置いたものの苦しみ、悲しみは到底わかるまい。
哀れと思いし心ありても何の役にもたつまい。されど、決して無関心ではならぬ。自分の身には起こらぬなどと傲慢な考え抱くもならず。
災害は人間に気づけよと祈りし、一つの神仕組みなり。
災害に合わずばまた別の苦しみ、不幸、それぞれに与えたまう。
それゆえ決して人事ですませてはならず。
その時こそ、人と人とが手を取り合えよ。悲しみを分かち合う事はできずとも、少しの手助けと、奉仕はできようぞ。
ただただ、同情するのみは何の役にもたちはせぬ。
人と人とが手を取り合い、生きて行かれるよう神は望まれ、その時は神のみそぎも報わるる。

空を見よ。雲を見よ。
空の雲行き富にあやし。
夏の季節に秋模様。
全てが人間が作りし事。
春に食する物を一年中食し、夏に食する物を一年中食し、秋に咲く花を一年中咲かせ、季節感失わるる。
神が日本に四季を与え、四季折々の食べ物、四季折々の植物、花、四季折々の行事にて神は日本の民に心の癒しと健康を与えたもうた。
だが今、それは乱れに乱れ、食に季節感無く、周囲にも季節感無し。
何ゆえ、神の与えた自然の贈り物を粗末に扱わるるか。
それゆえ、梅雨には雨降らず、気候、天候も変わりゆく。
四季折々の中で身体と心の均衡を保てる民は、それを捨て去り自ら滅びるとするのか。
日本の四季を取り戻せよ。
それこそ、病む社会の回復の第一歩。
四季を尊びし日本の文化を取り戻せよ。
冬に桜が咲く時は気をつけよ。
そのような事はあってはならぬ事と気がつけよ。
人よ。神国日本の神の季節を取り戻せよ。

霊符には、様々な施術法があります。
文字による方法。図形による方法。絵画による方法。
私が用いているのは数霊による方法です。

どの方法であっても、確かな施術がしてあれば、どれが優れている。と言うような事はありません。
そもそも、言霊、数霊、形霊の境界と言うのは、非常にあいまいな物ですし、場合によってはそれぞれを組み合わせて施術する事もあります。

私の場合は、子供の頃から暗算の訓練をしていて、数字に関わる事が多かったので、数霊による施術法を神様は授けてくださったのだと思います。
書道に秀でた方であれば、言霊による術、美術センスに優れた方であれば形霊による術が授けられるのではないでしょうか。

どれが優れていると言う事は無くても、それぞれに利点があり、私が用いている数霊法の場合、数霊符のエネルギーを簡単に調整できる利点があります。

霊符と言うのは、精妙なエネルギーを持っていますので、最初からあまりに強いエネルギーの物を持つと、好転作用が強く働いて、逆に運を落としてしまう事があります。
海に近い高度に暮らす私達が、いきなり高度何千mと言うような所に行くと息が苦しく、下手をすれば高山病にかかってしまうのに似ています。

ですから、最初は作用の小さい霊符を作り、徐々にパワーアップしていくのが理想です。
数霊符では、この作業が簡単に行えるのが利点と言えます。

現在、先天運浄化術をお申し込みの方には、必ずお守りとして、守護神数霊符を差し上げています。

↑このページのトップヘ