木花咲耶姫様の御神示

高度精神成長時代のメッセージ since 2006.1.23.

そなたの考える日本、それは清き国であった。
皆神の心を持ち、心通わせ、神とともにあり。
いまや日本は神の息吹からは遠ざかりけり。
神と心合わせよ。神の信号を受け取られよ。

いよいよ、人の欠点見えるなり。
その欠点見つけたら自分も反省し動じない心を持ちなされ。
中々に難しいが人が自分の欠点を認識しうるとき浄化可能なり。
雲行きあやしとはよく言うたものであろう。雲の流れで事の成り行きがおおよそつかめるぞ。
人も万物も平等である。平等に神の光とどきゆくが、その平等とはとうの昔に消え去っておる事も認識されよ。
人間が神の心を持ちたるときは平等たるが、因縁が因縁を重ねるうち平等ではなくなる。
この平等を元に戻すのはなかなか厳しいぞ。血の中に脈々と流れる因縁のもと、そこには人間のはかりしれない歴史が宿る。

思いがけない事故、信じられないような出来事が起きる。(宮城の)地震はまだ予兆ぞ。
インドでは1000人以上の水難事故。日本でも近くおきうるであろう。

ものごと動く時期にきたり
日本国、政治家も掃除され、悪、表面化し、お互いに朽ち果てる。
思いがけない事故、災害、天災、豚、鳥、ウイルスの病気がはびこり、命縮むるもの多数なり。
アスベストの害は物質社会における神の警告なり。
だが、警告を無視しつづけた日本は死ぬる人増えつづけ、人民を不安に陥れようぞ。
黒い月が多くなったら、時すでに近し、浄化の時代が来るまで辛抱しきれぬ者多し。
自分の家族とて守りきれるものではない。
家族だけを守ろうと考えるものには神罰が下されよう。
魂が生き返れば、本当の意味の死ではない。再び魂が生き返る事ができる人を一人でも多く増やされよ。

全ての物事が真っ二つに割れる現象が続こうぞ。
干ばつに大雨。郵政民営化に賛成、反対。貧富の差二極化し、さらに日本は悪化を辿り、潰れ行こうとせん。
神国日本、潰れゆくかゆかぬか。神は一筋の光のみ与えられておる。
まさに潰れようとする時、浄化されえれば、手を差し伸べられる。

↑このページのトップヘ