木花咲耶姫様の御神示

高度精神成長時代のメッセージ since 2006.1.23.

古代日本が守りつづけた順序とは、天と地の事がひとつ。
夫が天で妻が地。
また、長男には長男の役割りありて生まれ、次男には次男の役割りありて生まれる。
その順番変えてはならず。
天と地は決してひっくり返ってはならず。
人間は全て平等なり。男女も同じく平等なり。
されど、男と女ではお役割が違いし。
それぞれのお役割を果たして、初めて男女平等となりゆく。
天と地の順番守りゆけば、家庭も順調、平和なり。
真の男女平等をしっかりと考え、意味を理解する者増えゆかば、この世も変わるなり。
親と子、その順序も間違えねば、親殺しなどおきるはずもない。
親と子は親と子。肩並びに並ぼうなど思わず、しっかりと我が子を見れば、子は間違わぬ事、なぜにわからぬ。
人間は皆根底を見直す時期来たり。

株価は下がり、見せ掛けの経済、徐々に本当の姿明らかになる。
子も生まれぬ世を作りし政治に神は怒りを持たれる。
しかし、子が生まれぬ世の中になりし本当の理由はもっと日本国の根底にありし事。気づかれよ。
神国日本は天と地がきちんと整い右の位置、左の位置も間違えず。
しかし、次第に天と地ひっくり返り、右左も間違えし。
子が生まれぬはそが原因なり。
天と地、左右の順序を正す事。言霊をもとに戻すと同様、重大な事なり。

どんな状況も、どんな心の中も、善も悪も神は全てをお見通し。
他をあざむけても、神をあざむくはできぬ。
ならばじたばたせず、神に全てを任せ委ねよ。
感謝懺悔を捧げ、反省の心を持って神に接すれば、神は人間が弱く、脆いものと承知しておるゆえ、何度でも何度でも許さるる。
我が強く、反省の心無くば気づきを与えるため、何度も何度も辛き事、困難を起こし、信号をあきらめず送りつづける。
神の信号に目を向けよ。
そして、困難はありがたき事と受け取る事ができれば、必ず先あるらん。

純粋な利他愛を持つは、言うは安き。されどかなり困難な事。
災害、事故のひとつひとつ。事件のひとつひとつ。
どのようなおぞましい事件であれ、必ずその中に神の教えあり。
子供が死にゆくとき、人間は他人事であれ、、暗く悲しい気分になる。
なぜに、そんな事になったのかと考える。
心を病んだ少年の事件を見れば、このような人間を生む社会に思いを馳せるであろう。
そが勉強ぞ。
ひとつひとつの事柄と己を対比し、魂の浄化を進めよ。
ただただ、起きた現象に悲しみ、嘆くだけではならぬと言うこと、しっかりと心得よ。

神は人間が暮らしやすいように文明を作り、科学を発達させたもうた。
しかし、メディアに関しては使いこなせず、機械に翻弄されておる。
IT、テレビ、新聞は人間の生活に必要な物であるが、かえりて心失わせるもととなりえる。
テレビのニュースは時に、ドラマのように映りし。危機告げらるとも、我が身には降り懸らぬと考える人多し。
しかし、他人におきる事、我が身にも起きうる事忘るるな。
心を失わず、魂を清く保つには言霊を正す事が第一。
古き良き時代の神の光宿れる言霊を取り戻せ。
古き時代の言霊、数霊を研究してみるも、ひとつの修行となりうるぞ。

↑このページのトップヘ