木花咲耶姫様の御神示

高度精神成長時代のメッセージ since 2006.1.23.

波動富に悪くなりし。
波動悪きは自然界、人間にも影響を及ぼし、精神をおかさるる者増えゆく。
悪しき波動に惑わさるる魂ではならぬ。魂を清めよ。
本心神と共に歩もうとするなら自然に魂も清めらるる。

ゴミを不当投棄され困り果てていた土地に、赤い鳥居を設置すると不法投棄が減少する。
そはなぜか。
神を信じぬと口で言うもの多いが、魂は神の存在を認識し、罰を与えられると無意識に恐るるからなり。
人は皆、根底は神を信ずるもの。
魂を清めたいと願うなら、自然とその方法も見つけられようぞ。

景気は回復と唱えし者あり。
されど、貧富の差ますます広がり、生活に困窮する者の姿、近しく映し出される事であろう。
10年前の日本にはありえぬ姿。
天気予想図などを、よくよく観察されよ。
たいていが真っ二つ。全ての物が真っ二つ。
やがて人間の心も、神の意に沿い気づきを得ようとする者。
神などいるはずもないと唱える者。二通りに分かれゆく。
人が人として生きていく為に、どれだけの神の手助けがあるか、よくよく考えてみよ。
じっと考えれば、一つや二つは神に手助けされたと思うことが思い出されるはず。
縁にしても然り。不思議なものである。
全てを偶然と片付ける者。あさはかなり。
偶然は無しと考えれば、神の姿が見えてくるであろう。

時、いよいよ近づくなり。
されど神はまだ待たるる。
神が最後の雷を落とす時がこぬよう、また、神の火によって焼き尽くされ、水に溺れる事のないよう、神は人よ気づけよと、様々な現象を起こし、人の気づきを待たるる。
サイトの神示を読んだ者の中にもそなたと同じシャーマンあり。
また、近々の色々な出来事は立て替え立て直しの為の現象であると気づく者もあり。
縁のある者、集えよ。
一人の力ではどうにもならぬ事でも、一人より二人。二人より三人。
その輪が広がりゆけば、その祈りの力は大きい物になり得るであろう。
神はこの時期、多くのシャーマンをつくらるる。

手を結び縁を結べよ。手を離す事無く1人でも多く縁ある者と手を結べよ。

雷伴う雨多し。雷起こすは天の意思なり。
火と風と水を使い、神は改革を進めゆく。
火と風と水は交互に、あるいは一緒になりてあらわるる。
人間は火と風と水で生かさるるものを、人間は一人で生きているような錯覚を持つゆえ、火の神、風の神、水の神へ感謝する事を知らぬ。
水が無い無いと、困り果てた挙句、慌てて雨乞いをしてみても神は聞き入れぬ。
火と風と水。それこそが大事である。
どれ一つかけても生活は成り立たぬ。
それぞれの神に感謝の気持ちが起きれば、人間変わりえる事ができよう。
さらに、ひふみの言霊も輝きを増し、正しい言霊を発すれば、ひふみの意味も魂に語りかけよう。
ひふみの神に感謝し、ひふみの言霊を慈しむ事こそ、日本人に今必要な事なり。

世界を見よ。世界の中に起きる事は日本にも必ずや起きうる。
10年の守りを解かれ、いつ何時、何が起きるやもしれぬ。
全てを地球温暖化として片づけるなかれ。
今やれる物。人の為にやれる物を、理解者、協力者を一人でも増やし最善を尽くせよ。

↑このページのトップヘ