木花咲耶姫様の御神示

高度精神成長時代のメッセージ since 2006.1.23.

文明の盲点、問題点、次々と表面化の時期なり。
エレベーターの事故、飛行機の事故、まだまだ氷山の一角なり。
人間は知恵を持ち合わせ、その知恵により、物質欲を満たす様々な便利な物を作りて、作り出した物によって命を縮めらるる。
人間の知恵とコンピューターを酷使し、考え尽くした物は全て間違いは無いと考える人間の傲慢さはまだまだ、色々な形で人の命を奪うであろう。
命無くし、はじめて動く愚かさ。
神は今、本当に必要とする物を選別され、人間にもそれを見分けるよう望まるる。
本当に必要な物、目を開け選別されよ。
人間の傲慢さと浅はかさ、しかと見るらん。

外に出れば波動悪き。
呼吸が乱るる者あれば、だるさが増す者あり。
風邪をひきても治りにくし。
火と風と水の浄化に身体はついていかぬ。また、精神もついていかぬ者多し。
ただひたすら祈り、その罪を反省し、浄化に耐えよ。
1人でも浄化されし人多くなりし事、神はただ祈らるる。
気づきある者は、まだ気づきの無い者に伝えよ。
今は日本の立て替え立て直しの世である事を。
立て直し、掃除さるる今、自分自信が弾き飛ばされぬよう、しっかりと心と霊体を鍛えぬけよ。
神は人の成長を待ち望み、見守らるる。

神は禊の現象起こし、人を清めるが、禊ても禊ても間に合わぬ。
次々起こりし戦争、テロ、殺人事件で断ち切られる命。
役割り、修行終えぬ間に命断ち切られし者、つくづくも無念なり。
霊の存在を認め、ただただ恐れるばかりではなく、、苦しき思いをいだき死を迎えし者に対し、生かされている者は感謝を捧げ、供養を怠らず慰める事が必要なり。
霊は悪き者ではあらず。
迷える霊あらば、人皆供養が大切であるぞ。
霊の存在を否定するべからず。
怖き物と恐れるべからず。

人よ。浄化の時きたる。
一点の曇りも無い者おらぬ。皆々浄化されよ。
今まで生きた上でひとつひとつ思い起こせよ。
人を傷つけた事はなきか。悪き言葉を発した事はないか。
ひとつひとつ思い起こせよ。
罪ある者を作るは人なり。
悪しき言葉、悪しき波動を浴びせられし者、罪を犯す。
一つの罪は個人の罪と思われるな。
そのような罪人つくりしは全て人ぞ。
今世間にある罪、皆で作りし事気づかれよ。
気づけば言霊正せよ。
よき言霊発せれば、世界が良くなる。日本が良くなる。
良き波動、よき言霊を今取り戻せよ。

空を見よ。雲行きはますますあやし。
天は雲行きをもって人に信号を送らるる。
人の魂曇り、波動悪き時、天も曇りあやしきさまなり。
天は人の心を映し出す物なり。
雲ひとつなき空、見られぬようになりゆく。
地もまた磁場狂いし。
役割り果たせぬ土も多くなりしゆえ、人の身体も狂いゆき、ガンにおかされる者増えるものなり。
磁場の狂いしガンを手術をもって治療したところで、おおもと正せずば、またおかされるものなり。
天も地も狂いし今、人の浄化、急ぐものなり。

↑このページのトップヘ