木花咲耶姫様の御神示

高度精神成長時代のメッセージ since 2006.1.23.

今日、申す事は、大変大事な事ゆえ、よくよく心してかかれ。
徐々に日本、また、世界は大きく改革される。時期が近づきつつある事は、ひしと感じているであろう。
生半可に考えてはならぬ。人が信じぬと言うて、何も言わずに口をつぐんではならぬ。かと言って、喋りすぎてもならず。
信じる者、気づく者は神と縁ありき者。情は人の為ならずと言うが、気づかぬ者に情をかけても、それはその者にとっては余計な世話。
日本が困窮をはじめれば、そういう人々は直ちに間引かれるであろう。

縁をわきまえる事こそ重要な事。地球に縁あって生まれ、そして、縁あってそれぞれの国に生まれ、縁ある親の子として生まれる。全てが神の結ばれし縁によって、人も、物も、事象も成り立ちえている。縁のある者を見抜けよ。縁の無き者を縁のある者と勘違いしている事があるぞ。

本当に縁ある者に手を差し伸べず、縁の無い物に手を差し伸べては目的は果たせず。

日本が混乱になった時、縁あるものは互いに助け合えるが、無き者は敵となりえるぞ。顔反対見せて、舌を出しているかもしれぬ。
目を開けよ。はっきりと真実を見届けよ。

縁ある者、すなわち神と縁あるなり。

人に伝えよ。今、日本は大変なる危機にある事を。そして、それは恐れ抱かせるままではならぬ。その為にはどうしたらよいかを問いていかれよ。

一つに、その方法は神社に参る事。神社に足を何度も運べば、その清清しさに気づき、そして、気づきがあるであろう。
自分の欲望のみの祈願だけをせぬようとくと言い聞かせよ。
はじめは信じず、ただ恐れだけで参るとしても、自己の心に神があるゆえ、必ずや、神の存在に気づくであろう。
そなたもできうる限り、神社に足を運べよ。さすれば、ますます気づきが深く、自己の役割、現状の様子の意味が手に取るようにわかるであろう。

秋が近づくにつれ、だんだん事故、思わぬ事象などが多発し、その度に、国民の気持ちは乱れ、ますます国内のムードは悪くなり。
中に、おかしいと思う者たくさんあれど、自分1人の力ではどうにもならぬと、ただ手をこまねく者ばかり。
自分達が蒔いた種であるとは、思わぬ者がほとんど。
その中で、神の存在があるやもしれぬと感じ、そなたを信じる者に対しては、今わからずとも神の存在をしかと教えなされ。
現象はますますはっきりとし、そのうち、日替わりのように次から次へと人命落とされる事があるであろう。
本当の困難はまだまだ今からであるから、早く気づく人を一人でも多く増やしゆく事が大事な事。
なりて、ただ神の存在を信じるだけでも徳となりえるであろう。

日本はだんだんと混乱の世に入る。
これは、神仕組み。天の定めにより避け難し。時はすぐに来たり。

それでも、まだ自分の身には振りかからぬとのん気に構える国民大勢いるなり。賢き者は神の声を直接聞かずとも、これは大変な事だと準備を始め、自己を反省し、この星がもう駄目になるかもしれずと動き始める者もあり。
この二通りにわかれゆくであろう。

日本はだんだんと混乱の世に入る。
これは、神仕組み。天の定めにより避け難し。時はすぐに来たり。

それでも、まだ自分の身には振りかからぬとのん気に構える国民大勢いるなり。賢き者は神の声を直接聞かずとも、これは大変な事だと準備を始め、自己を反省し、この星がもう駄目になるかもしれずと動き始める者もあり。
この二通りにわかれゆくであろう。

その時、そなたは、どの地にありても木の花さくや姫と常に交信し、いかに行動するのか判断を仰ぐのが役割なり。

まず、米、麦、粟、ひえ、乾パン、水、草の干した物、塩、大根の干した物、豆、薬草、トイレットペーパー、紙、ペン、鉛筆、せっけん、以上のような物を貯めておけよ。
(災難は)一度に襲ってくるわけではないので、十分貯める猶予は残されておるゆえ。

そして、縁ある者に、神の存在を伝え歩け。

↑このページのトップヘ