木花咲耶姫様の御神示

高度精神成長時代のメッセージ since 2006.1.23.

神国日本の民よ。
今こそ乱れゆく日本を神国日本に戻さねば、間に合わぬ。
時は近し。
神は時の近づくにつれ信号を、早く気づけよと何度も何度も送られし。
ある時は、これはどうした事か、普通ではない・・。と考える人間も日が経つと、また色あせし。
全てが偶然に起きうる事ではないという事に早く気づきて、皆で力合わせよ。
縁ある者次第に見えゆく。
縁ある者と集い、神のお役に立てるよう考えねばならぬ時なるぞ。
我大事なるだけの心。神には通じぬ。
されど、人間は脆く浅はか。我が一番大事と考えるものゆえ、何度も何度も繰り返し申すが、他者への祈りからはじめる事が今は大切なるぞ。

先天運浄化術では、姓名の言霊や、家族の言霊との相性鑑定をしています。

姓名の言霊は、例えば「きばなまの」と言う言霊がどのようなエネルギーを発するかを調べます。
相性鑑定の場合は、二人の持つ言霊のエネルギーが重なったとき、どのようなエネルギーが発生するかを調べます。

これによって表れる相性には100%良い暗示も悪い暗示も存在しません。
どのような暗示も表と裏があり、それぞれ魂を磨き、相手を思いやる心を養えば、吉化しますし、お互いに身勝手な接し方をしていれば凶に転じます。

ただ、プラスに傾きやすい言霊のエネルギー、マイナスに働きやすい言霊のエネルギーがあり、マイナスに働きやすいエネルギーを吉化するには相応の努力と苦労を伴います。

その中でも特にエネルギーが大きく、マイナスに傾きやすい暗示があります。
この暗示をプラス化できるのはよほどの行者か徳を積んだ人でないと無理ではないかと思える程のエネルギーを持っています。

私はこれを「破壊の暗示」と呼んでいます。
破壊の暗示が言霊や、相性、年月運につくと、様々なトラブル、突然の損、事故、病気と言うような形で現象が表れやすい為、鑑定時この暗示があった場合は、数霊符による回避施術を施しています。

この回避施術は少しずつ数霊符のエネルギーをアップして行くことで、効果が高まっていきますが、その為には魂の向上を図る事が絶対条件となります。

火山がそろそろ火を吹くやもしれぬ。
火山が火を吹くは信号ぞ。
磁場の狂い相当なものなるを、動物、鳥、魚全ての者感じ、落ち着かず。
人間も磁場の狂いに狂わされる者多くなりけり。
異様な事件多発するなり。
磁場の狂いを感じる能力は人間にもありきが、今は無し。
磁場の狂いし悪い波動を感じとれよ。
昔の者の知恵を思い起こせ。昔の者の知恵は神から授かった物多し。
磁場の狂いを修正できうる物あるやもしれぬ。
昔の知恵、生かすのも現代を生きる為のかしこき知恵。
古代の風習、言い伝え研究し、解明される時期来る。

このサイトに来し者、偶然にあらず。
この時期、神に仕組まれ、声聞こえる者、交信できる者、神を研究する者もありし。たまたま、たどり着いた者もありし。
されど、どの場合でも皆縁ありし者。
あの書物にはこう書きしゆえ、この考えは違う。あの宗教はこう唱えしゆえ、これはおかしい。と、批判する者いるやもしれぬ。
されど、どのような宗教でも神は一つ。
どのように神を研究する者でありても、心は深い信仰心を持ち、どちらが正しい、どちらが誤り、などと考えるな。
視点を変えれば皆一つ。
人は、神の声聞こえぬ。姿も見えぬ。それゆえ、宗教を通して神のご意図を人に広め、伝えようとされし。
されど、今や宗教も本物無し。
ほんの少し前までは本物の指導者による宗教あるにはあったが、それも今やうつろう。
信者の頂点にて鼻高々としている者、あの宗教は胡散臭い。教えも間違っているなど、批判がましき者、本物の宗教者ではなき。
金儲けの為の宗教、いずれ滅ぶなり。
金儲けの宗教あってはならず。元々宗教は神が人間の為に作られしもの。
信仰心無くば宗教にあらず。

古代日本が守りつづけた順序とは、天と地の事がひとつ。
夫が天で妻が地。
また、長男には長男の役割りありて生まれ、次男には次男の役割りありて生まれる。
その順番変えてはならず。
天と地は決してひっくり返ってはならず。
人間は全て平等なり。男女も同じく平等なり。
されど、男と女ではお役割が違いし。
それぞれのお役割を果たして、初めて男女平等となりゆく。
天と地の順番守りゆけば、家庭も順調、平和なり。
真の男女平等をしっかりと考え、意味を理解する者増えゆかば、この世も変わるなり。
親と子、その順序も間違えねば、親殺しなどおきるはずもない。
親と子は親と子。肩並びに並ぼうなど思わず、しっかりと我が子を見れば、子は間違わぬ事、なぜにわからぬ。
人間は皆根底を見直す時期来たり。

↑このページのトップヘ